パナップのカラーマジック

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/color-panap

サーモンピンクのシャドウ

西宮神戸のパーソナルカラーリスト 赤木洋子です。

 

 

 

今季はピンクが流行色のひとつ。

 

 

この前撮っていただいたプロフィール写真のときのヘアメイクさんも

 

メイクカラーも、ピンク、キテますよ♪」と教えてくれました。

 

 

 

こんなにボカしては、シャドウの色がどんなだか、さっぱりわかりませんね。

ただいまHPはリニューアル中ですが、こちらに実物があります↓

http://colorpanapp.web.fc2.com/panapp.html

 

 

 

 

ピンクといっても、まぁ言わずもがな、

 

いろんなピンクがあります。

 

 

 

RMK

左の淡いパステルピンク。お肌がブルーベースの方によく似合います。

右はラメが入っているようですね。

 

 

 

 

シュウウエムラ

   

 

 

左は赤に近いけど黄味がかっている濃い色なので、お肌の色が濃く質感がしっかりした方に似合われそう。

右は青みがあるピンク。ブルーベースの方に似合うかな♪

 

 

 

しかししかし、見た目通りに発色するとは限らないので、購入する前に、色をお肌に塗ってみて試してからにしてくださいね。

 

 

 

私は薄い淡いピンクが似合わないので、コーラル、オレンジ寄りのピンクのシャドウを塗ってくれました。

 

 

 

手持ちにも似たような色が、ちょうどこんな色でした。

 

iPSA(イプサ)

https://www.ipsa.co.jp/home

 

 

 

左の方の色です。


サーモンピンクを薄くしたような色です。


薄い色ですし、適当な光沢感もあり、アイホールに沿って入れると

いやみなく華やかになれます^^

 


こういった色味は、明るめのイエローベースのお肌の方にお似合いです。

 

 

 


アイシャドウは単色で使うのが1番簡単、使いやすいですが、

2色使い、3色使いのコツもまたご紹介していきたいと思います

 

 

 

 

十人十色、

 

肌と、瞳や唇などお顔の中の各パーツが持つ、お色と質感はちがいます。

 

パナップではあなたの個性にマッチするカラーと、

 

メイクの方法もお伝えしています。

 

今日はサーモンピンクのシャドウのお話でした☆

 

春の新しい季節に新しい色を♪ 

 

ぜひ、取り入れてみてくださいね^^ 

 

 

 



西宮、神戸、パーソナルカラー、メイク
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000012846/p11713461c.html
メイクアップ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
メイクスポンジいろいろ
メイクカラーにオレンジ
春が来る前に…
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
パナップイメージ
パナップ
プロフィール公開中 プロフィール
西宮神戸でパーソナルカラー診断&カラーセラピー、アートセラピーをしています。

2011年、神戸から西宮へ引っ越しました。
西宮ブログも書いています。

●場所 西宮市神垣町の自宅サロン
阪急苦楽園口駅 徒歩15分
阪神バス北城山町下車 徒歩5分
※お客様用駐車場有ります
(詳しくはお問い合わせの際にお知らせします)

●ホームページ  http://colorpanapp.web.fc2.com/index.html
●西宮ブログ
http://nishinomiya.areablog.jp/color-panapp
----------------------------
★ 問い合わせ先
カラーサロン 
Panap Clooney
パナップクルーニー
Mail salon@colorpanap.info
Tel 090-1445-1491 (赤木)まで
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 6 372363
コメント 0 2921
お気に入り 0 30

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<