神戸初心者ブログ〜神戸てくてく

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/georges-y

今週の映画「ドイツの話でも英語。失う物のない者の信念(-_-;)ヒトラーへの285枚の葉書」

alone-in-berlin_20170712015412522.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

1940年6月、戦勝ムードに沸くベルリン。
最愛の息子を戦争で失った労働者階級の夫婦。
夫はナチス政権へのささやかな反抗として、
ヒトラーへの批判を書いた葉書を街中に置き始める。
その数は日増しに増えていき、捜査機関や
ナチスの親衛隊も犯人逮捕に躍起になり、
その手は徐々に夫婦に迫り始め…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
ドイツの話だけど英語(^_^;)
失うもののない者の怒りと絶望と使命感と信念(-_-;)



📺予告編でわかってはいましたが(^_^;)、
登場人物はドイツ人でもしゃべっているのは英語です(^_^;)

ドイツ人俳優、ダニエル・ブリュールも英語です(^_^;)。

国が戦争で勝ち続ける中、
息子が戦死した両親のやり場のない怒りと絶望(゚Д゚;)
は、
やがて使命感と信念に変わっていき、
それにヒトラーへの妄信を揺るがされる人々も(・_・;)。

ブレンダン・グリーソンの静かな演技に、
父親の確固たる信念が感じられました(^_^)



上映終了映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11631729c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今週の映画「真実か妄想か夢か幻か。正常な時の記憶に疑義(・_・;)〜殺人者の記憶法」
今週の映画「空飛ぶタイヤ〜男臭くバタ臭い現実離れした勧善懲悪の大根演出!m(__)m」
今週の映画「変型顔の少年がいじめられた要因と彼の周りにいる人の思い(^_^)ワンダー」
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ジョルジュ・イグレックイメージ
ジョルジュ・イグレック
プロフィール公開中 プロフィール
1991年から神戸に住んでいますが、
地元のこと、知らな過ぎm(__)m。
平日はランチと映画、
土日祝はイベントに出掛けて
「地元のお気に入り」を探索中。
クリエイターの方に敬意を払いつつ、
感じたことは素直に書いています。
多少でも参考になれば幸いです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 58 1800135
コメント 0 710
お気に入り 0 13

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク