神戸初心者ブログ〜神戸てくてく

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/georges-y

今週の映画「圧政を伝えた独記者と彼を現場に連れていった運転手(・_・;)タクシー運転手」

a-taxi-driver_20180423224119f2c.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

戒厳令が敷かれ、学生のデモが盛んだった韓国。
タクシー運転手は光州に行くだけで10万ウォン
という仕事に釣られ、ドイツ人記者を乗せる。
デモをする学生に歓迎され、地元の家庭料理も振る舞われ、
親しくなる2人だったが、その時、外で銃声が聞こえる。
韓国現代史上最大の悲劇、光州事件だ。
軍の暴力的な鎮圧をカメラに撮ろうとする記者に対して、
軍は調査、逮捕することに。運転手や学生、地元民は、
世界中に真実を伝えるため、記者に協力するが…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
軍事政権下韓国圧政を世界に伝えたドイツ記者と
彼を現場に連れていったタクシー運転手の実話!(・_・;)



軍事政権による民主化運動への弾圧とされる光州事件
で、
軍の暴力的な鎮圧の模様をカメラに
収め世界に報道したドイツ人記者

既に危険な状態にあった光州まで
記者を乗せたタクシー運転手の実話(・_・;)


光州事件には様々な評価があるようで(^_^;)、
北朝鮮関与説なんてのもあり(゚Д゚;)、また
当時の軍事政権下で逮捕されたことが
光州事件のきっかけの一つとされる(・_・;)、
金大中が北朝鮮への送金疑惑(・_・;)、
金泳三の息子が斡旋収賄と(・_・;)
どっちもどっちな面も(^_^;)。

ソン・ガンホは真面目な役もいいですが、
やっぱり無責任男が一番(^_^)。
適当男を軽やかに好演(^_^)。

途中上手く行き過ぎなところもm(__)m


この事件以降、民主化へと進んだとされる韓国ですが(^_^;)、
光州事件経験者でもある文在寅を含め、
上手くいっていると言えるのでしょうか?(^_^;)



上映終了映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11728070c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今週の映画「勝手にネタにしようとして近付く自作自演男と泰然とした娼婦(^_^;)〜EVA」
今週の映画「モネの金の無心の手紙の朗読とその時代の作品(^_^)私は、クロード・モネ」
神戸の今週上映映画一覧(7/14〜20)〜アニメ・ドキュメンタリー
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ジョルジュ・イグレックイメージ
ジョルジュ・イグレック
プロフィール公開中 プロフィール
1991年から神戸に住んでいますが、
地元のこと、知らな過ぎm(__)m。
平日はランチと映画、
土日祝はイベントに出掛けて
「地元のお気に入り」を探索中。
クリエイターの方に敬意を払いつつ、
感じたことは素直に書いています。
多少でも参考になれば幸いです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 96 1804133
コメント 0 710
お気に入り 0 13

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク