神戸初心者ブログ〜神戸てくてく

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/georges-y

今週の映画「調律師の重要性の説得力のなさと未熟な調律師のジタバタ(^_^;)羊と鋼の森」

la-foret-du-muton-et-du-acier_20180615113857564.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

<📖ストーリー>

ピアノの調律に魅せられた一人の青年。
なかなか上手くいかず悩む青年に、
先輩調律師は多くの経験を重ねることと言い、
ベテランは調律師がしゃしゃり出るものではないと言う。
そんな時、彼が調律を担当したピアノを弾く
姉妹の1人がコンクール中にピアノが弾きなくなる。
自分の調律が原因と考えた青年はうろたえ…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
調律によって音が変わることへの説得力のなさと
未熟な調律師のジタバタでもなぜか涙😢



仲里依紗目当ての鑑賞m(__)m。
主要キャストに関係する役(^_^)
ではありましたが、
「出番もセリフも少なく(^_^;)」、
「誰でもよかったような役m(__)m」。

1人で妄想に入りm(__)m、
勝手にジタバタしている未熟な調律師にイラッm(__)m

同じ監督による🎬、
「🎥orange」や
二階堂ふみ目当てで観たm(__)m、
「🎥オオカミ少女と黒王子」では
若手俳優の中では上手いと思っていた
山ア賢人もこの役にはイラッm(__)m。

📖ストーリー
的には、
ピアノのボディー側から撮った鍵盤目線の
演奏シーンは秀逸♪
だったものの、
アスリートやミュージシャンを描く場合と同じく(^_^;)、
奇跡の耳のない私にはm(__)m、
調律師のすごさの再現が上手くいって
いるとは思えませんでした(^_^;)
。しかも
神秘性でごまかしている印象m(__)m

それでも最後に涙が出てきたのは
何かを感じたからでしょうか?😢



上映終了映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11749802c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
今週の映画「ナチスの強制収容所からの決死の脱出劇の実話〜ヒトラーと戦った22日間」
神戸の今週上映映画一覧(9/22〜28)〜アニメ
神戸の今週上映映画一覧(9/22〜28)〜ドラマ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ジョルジュ・イグレックイメージ
ジョルジュ・イグレック
プロフィール公開中 プロフィール
1991年から神戸に住んでいますが、
地元のこと、知らな過ぎm(__)m。
平日はランチと映画、
土日祝はイベントに出掛けて
「地元のお気に入り」を探索中。
クリエイターの方に敬意を払いつつ、
感じたことは素直に書いています。
多少でも参考になれば幸いです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 109 1812968
コメント 0 710
お気に入り 0 13

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク