majakka(マヤッカ)のオーダー家具 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/majakka

パソコンボード --majakka--

 

神戸市西区のH様へ、パソコンボードを納品いたしました。

 


テレビボード(前回ブログ)と一体感をもたせながら、並べて置き

 

床座で使えるパソコン台を作りたいというご依頼でした。

 

 

ご要望としまて、

 

  ・床に座って使いやす高さ

 

  ・プリンターを収納し、出し入れが出来て使い勝手のよい構造

 

  ・天板上には、電話とディスプレイだけを置きたい


 

ご自宅に伺い、これまでのパソコン台の使いかたを見せていただきながら

 

プリンターを収納して、モデムなどを片付け、すっきりとしたパソコン周りに

 

なるよう、形を考えていきました。

 

 

 

プリンター収納は、棚板をスライドさせて出し使えるように。

 

また本体の奥行き出すぎないように、スライドレールを長く引き出せるものを使用。

 

引き出しても傾かないよう棚板の下には、キャスターを取り付けました。


 

 

キーボード用の棚は、引き出して使えるように。

 

 

 

雑然となりやすいモデム、コンセント等が置けるスペースをキーボードの棚の奥に配置し、

 

目立たずに置ける場所を設けました。

 

 

 

こうして、機器類の大きさを考慮しながらも高くなりすぎないよう、

 

使いやすい高さに設計し、製作していきました。

 

 

 

 

 

 

これまでも、テレビ台、パソコン台を並べて使われていましたが、

 

奥行きなどのサイズ感の違い、素材感の違いによって、ばらけた印象でしたが、

 

サイズを揃え、同仕上がりの木の家具に揃えることで統一感、落ち着きが生まれた様子でした。

 

また、使うものの仕舞う場所を作ることで、使いたい時に、すぐ使え、終わると、すぐ片付けられる。

 

そんな一連の流れができ、よりすっきりと過ごせる場になるのではないでしょうか。

 


 

[  パソコンボード ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 110×42×31 (cm) 

 ・ 109,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11649592c.html
家具 トラックバック( 0)

テレビボード --majakka--

 

神戸市西区のH様へ、テレビボードを納品いたしました。

 

テレビの周辺機器類をすっきりと収める、木のシンプルなテレビボードを作りたい。

 

また並列して、パソコンボード(次回のブログにてご紹介)を置きたいというご依頼でした。

 

 

ご要望としまして、

 

 ・以前製作したブラックウォールナットのテレビボードのような形

 

 ・上段は、チューナーやレコーダーなどを置けるように

 

 ・下段は、DVDケースを収納できる引き出しをつけたい

 

 ・床座でテレビが見やすい高さがよい


 

以上を踏まえて採寸を兼ねご自宅にお伺いし、ボードを置くスペースとの兼ね合いや

 

どのような機器類を収めるかなど確認させていただいて、図面を検討していきました。

 

 

 

上段には、デッキ類を置けるように、またテレビを乗せる天板の補強を兼ねて仕切りを一つ加えました。

 

仕切りを一つだけにすることで、幅広のスペースを確保し、機器類の置き方に融通が利きやすくなるようにしました。

 

 

 

下段の引き出しは、DVDケースができるだけ多く入るよう、かつ本体の高さ・奥行きが出すぎないようなサイズで設計。

 

引き出しは、取っ手なしをご希望され、プッシュ式で開閉ができるスライドレールを使用。

 

凹凸のないすっきりとした木目が印象的な表情となりました。

 

 

   

 

天板の奥にはコード類を逃がす配線孔を加え、お客様にテレビの置く位置を検討いただきながら

 

穴の位置を決めて製作していきました。 

 


 

 

 

 

納品を終え、配線をつなぐ前の写真をとらせていただきましたたが、

 

以前使われていたテレビボードに比べ、すっきりとまた広々と使えるテレビボードとなりそうです。

 

 

床に座って寛ぐ場所。その中心に位置するテレビ周辺がすっきりと整えられ、

 

また木の落ち着いた雰囲気が加わることで、より心地よく過ごせる居場所になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

[  テレビボード ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 155×42×40 (cm) 

 ・ 172,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================


 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11646431c.html
家具 トラックバック( 0)

食器棚 --majakka --

 

食器棚を、神戸市西区のお客様へ納品いたしました。

 

 

長く住まれている室内の壁や床をリフォームし、一新するのに合わせて、

 

造付けの棚の上部に空いていた壁面空間に収まる食器棚を作りたいというご依頼。

 

 

 

 

お客様が集められたカップ、ソーサーなどを見えるように収める棚と、

 

カトラリーなどをしまう、引出しをつけたいというご要望。

 

 

柱の凸に合せた奥行き、食器に手の届く高さ、空間に納まる幅、

 

収める食器類の高さを考慮した棚板の間隔など、サイズを決めていきまいた。

 

 

 

 

 

また食器棚の上部の手の届きにくい空間は、ガラス戸を使った見せる収納とは反対に、

 

頻繁に出し入れしない隠す収納のためのスペースとして、壁のそのままを利用し棚・扉を取付。

 


そして、既存の造付けの棚を活かしながら、食器棚との雰囲気を合せたい、

 

というご希望で、収納本体はそのままに、食器棚と同様の木の扉に交換いたしました。

 


 

 

納品時に、既存の棚の表面に見える細かな部分も細工を加え、木の表情が整いました。

 

これまでの白の壁面に変わり、木の風合いがプラスされることで、温かみが増した室内。

 

ピッタリなサイズ、木の美しさが引き立つ食器棚ができたと、お客様にご満足いただきました。

 


 

 

お客様が旅先などで買われ、増えていったカップ類。

 

リビングに、飾れる食器棚ができたことで、いつも見えるようになりました。

 

こうして、目にふれ、取り出しや易くなったカップは、日常で使われる機会が増えることでしょう。


 

想い出ものなど、大切なものが身近に寄り添う暮らし。

 

家具をあつらえることで、そんな暮らし方にもつながると嬉しいですね。

 

 

 

 

[  食器棚 ]

 

 ・タモ 

 ・ナチュラル色オイル仕上げ

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 



飾る カップ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11636533c.html
家具 トラックバック( 0)

テレビボード --majakka--

 

テレビボードを、神戸市須磨区のお客様へ納品いたしました。

 

 


ソファーに座って寛ぐスペースに、テレビボードを据えて、

 

すっきりとまとまりのある場所にしたい、というお客様。

 

これまでは、テレビやスピーカーなどの機器類をそれぞれ別々の棚などに置かれており、

 

空間を活かしきれずちぐはぐな状態のコーナー。

 

また、箱に入れられた細々した機器類なども多く、これらをまとめて収納する場所として

 

ひとつにまとめて使えるテレビボードをご要望されました。

 

 

 

 

そこで、ドア横となる壁間に納まり、スピーカーをゆったりのせられる長さに、

 

ソファーでテレビを見やすい高さ、収納物に合わせた最小限の奥行きといったサイズで設計。

 

 

  

 

中央の棚は、持っている音楽・ゲーム機器類を収める場所として、

 

扉は、リモコンを使えるようガラスを使用した、収納できる上開き戸。

 

 

 

 

左右の下段には、大きなものも入る引出し収納、上段にはリモコンなど小物がしまいやすい浅い引出し。

 

木目の表情に、可愛げなアクセントとなる小さな取っ手を取付ました。

 


 

 

 

納品後、早速テレビなどを設置し収納されると、

 

木の風合が心地よく、すっきりとした空間が出来上りました。


 

使う機器類を使いやすくすることに加え、小物などの収納を合わせたテレビボード。

 

テレビボードを、リビングなどのその場で使う物をひとまとめにした収納箱にする。

 

そうすることで、片付けた物の場所を分りやすくし、まとまりあるスペースが作れるのではないでしょうか。


 

 

持っているもの、使うものに合わせて作る木のテレビボード。

 

何をどのように収めたいか、などご要望をお聞かせ下さい。

 

 


 

[  テレビボード ]

 

 ・タモ 

 ・クリアオイル仕上げ

 ・180×40×45(cm) 

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11625119c.html
家具 トラックバック( 0)

ダイニングテーブル --majakka--

 

ダイニングテーブルを神戸市須磨区のお客様へ納品いたしました。

 

 

マヤッカの無垢の木ダイニングテーブルの一つのかたち、2本脚テーブル。

 

このテーブルの特徴は、立ち座りの際にテーブル脚との干渉が少ないため、

 

イスを引く距離が少なく、出入りし易い。

 

またテーブル脚が少ないため、空間のゆとりを感じられる。

 

そのため、限られた空間に、大きさのあるテーブルを置いても、

 

動きやすく、圧迫感を抑えられるといった良さがあります。

 

 

 

今回のお客さまの部屋は、縦に長く、横方向に限りがあるため、この2本脚タイプをご提案。

 

天板の下に、ティッシュペーパーなどちょっとした物置きスペースとなる棚を設けることができ、

 

今回は、ノートパソコンを置きたいということで、パソコンのサイズに合わせて広めの棚に。

 

座った時に足の邪魔にならない位置、大きさを確認しながら設計していきました。

 

 

 


 

 

 

 

天板の大きさは、4人掛けでほど良いサイズ感の140×80センチ。

 

これまでは、小ぶりなテーブルを使われていたお客様。

 

木の感触を味わいながら、ゆったりと食事ができるスペースができたことを喜ばれていました。

 

 

少しづつ新居を整えていきたいというご夫婦。

 

木の存在感漂う大きなテーブルを部屋に加えることで、テーブルを中心とした暮しのイメージを作り、

 

空間の使い方、雰囲気をどのようにしていきたいかを考える。

 

そうすることで、暮らしやすく調和のとれた場所を作っていくことができるのではないでしょうか。

 

 

 

テーブルを作る、をきっかけに、暮らし作りを始めてみませんか。

 


 

 

 

[  ダイニングテーブル ]

 

 ・タモ 

 ・クリアオイル仕上げ

 ・140×80×70(cm) 

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================



T字脚 2本脚
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11616890c.html
家具 トラックバック( 0)

タンス --majakka--

 

 

タンスを、神戸市須磨区のお客様へ納品いたしました。

 

 

これまで使っていたタンスが古くなってきたという機会に、

 

ちょうど好いサイズ感で、長く使えるしっかりとした木のタンスを作りたいというご依頼。

 

使われていたタンスのサイズを基に、奥行きは控えながらも、もう少し収納量を増える大きさに。

 

 

 

 

 

上段は小さなものを仕舞えるように、一つの段は深さがある引き出しを。

 

ご夫婦それぞれの収納として分けても使えるように、また並べて一体感のあるものを。

 

木の取っ手をアクセントに畳の部屋にもなじむカタチをご要望されました。

 

 

 

 

 

場所を取ってしまうと敬遠されがちなタンス。

 

年月を経る中で、ご自身の必要とする収納量を把握した上で、しまう場所を設ける。

 

そして、収納量に合った分の服を揃えて使う。

 

必要十分な収納を作ることで、無駄にとるスペースを減らし、また持つ・収納する分量を適度に保つ。

 

オーダーでサイズを自由に作れると、こうした良さを持ったタンスが出来上がると思います。

 

 

 

ボリューム感のあるタンスでも、タモの木目の活きる表情と、

 

シンプルな形で誂えることで、見た目に映えて存在感をもちながらも空間に馴染でいるようでした。

 

また部屋の中にあるからこそ、物の出し入れがしやすく、普段の暮らしに役立つ道具として

 

長く使い続けられるタンスになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

[  タンス ]

 

 ・タモ 

 ・クリアオイル仕上げ

 ・77×40×100(cm) /1棹

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 



オーダーチェスト
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11608308c.html
家具 トラックバック( 0)

デスク --majakka--

 

デスクを納品いたしました。

 

 

部屋の壁の一面を使って、デスクと収納棚を置きたいというご依頼。

 

これまでは市販の収納棚を使われていたのですが、

 

収納量を増やすことに加えて、デスクスペースを加えたい。

 

壁の出っ張りや、角度のついた壁面に合せたサイズ・形状で作りたいというご要望。

 

 

 

お客様が大まかに描いた図面を基に、持っている収納物や使いかたを伺いながら仕様サイズを検討。

 

深さのある引き出しを加えたかったのですが、これまでのように壁に絵を飾るスペースとしても

 

使いたいということで、デスクの高さを優先し、引出し収納を小さくすることに。

 

このような修正を加えながら、形を決めて行きました。

 

 

 

またデスク横には、梁まで高さいっぱいの本棚、

 

デスクの下にしまえるように、低い背もたれの付いたチェア、

 

を合せてご注文いただきました。

 

 

 

 

以前から作りつけられていた吊り棚の雰囲気にあわせ、

 

タモ材をナチュラル色オイルで仕上げられた書斎スペース。

 

収納サイズ・スペースにぴったりと合って並べられた家具にご満足いただけたようでした。

 

 

 

部屋の構造上で制約のあるスペースを活かす。

 

無駄な出っ張りや隙間をできるだけなくした家具をあつらえることで、

 

同じ場所、空間を今までとは異なる使い方、新たな居場所へと変えることができる。

 

そして、その部屋が使い勝手良くなり、さらに木の空間が在ることでより心地良く過ごせる場になると嬉しいですね。

 

 

限られた場所に無垢の木の家具。こうした家具を作りたいという方は、

 

まずは大まかなイメージをお聞かせください。

 

 

 

 

[  デスク ]

 

 ・タモ 

 ・ナチュラル色オイル仕上げ

 ・160×59×75(cm)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 



木の書斎
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11595602c.html
家具 トラックバック( 0)

棚付きベンチ --majakka--

 

 

棚付きベンチを納品いたしました。

 

動物病院の待合室で使うためのベンチのご依頼。

 

足元にペット用のゲージを置くための棚を加えた、シンプルな形のベンチ。

 

置くスペースに合せて、奥行きをコンパクトにし、2種類の長さで製作。

 

白を基調にした院内に合わせ、タモ材を白色オイルで仕上げ

 

座面には、清潔感を感じる真っ白のソフトレザーを選んでいただきました。。

 

 


 

動物にとって、また飼い主様にとっても病院の待合室というと落ち着かない場所。

 

少しでも寛げるようにと待合室を改装され、そこに木のベンチを置きたいというお客様。

 

柔らかなクッション、丸みのある優しい形、木目の自然な表情のベンチが

 

一息つける、和める時間・居場所として一役かってくれるのではないでしょうか。

 

 

 

[  棚付きベンチ ]

 

 ・タモ 

 ・ホワイト色オイル仕上げ

 ・140(110)×30×45(cm)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 



白 物置
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11588622c.html
家具 トラックバック( 0)

コートハンガー --majakka--

 

コートハンガーを納品いたしました。

 

 

収納ケースを置ける棚のついたコートハンガーのご依頼。

 

ケースに入れたものを取りだしやすいように、棚板は斜めに傾けてほしい。


高さはできるだけ控えて、冬場は一時的にロングコートをかけるようにしたい。

 

お店のディスプレイで置いているあった、フックなどをみられ、


使わないときは出っ張らない仕組みのフックなどを、ご希望されました。

 

   


ケースをのせる棚板は、斜めだけに固定せず場合に応じて、水平にもできるようご提案。

 

フックはシンプルに、丸棒を抜き差しするような構造にし、


使わないときは、ぶら下げて置けるように製作いたしました。


また表面を、ブラウン色のオイルで落ち着いた色味に仕上げていきました。

 

  

 

 

 

 

これまで使っていた洋服掛けは大きく、場所をとっていたため


必要な分だけをかけておくための、小さめのものをご注文されたお客様。


一週間分の服を、選び、掛けておくことを想定されていました。

 

 

日々の着る服を、見えるかたちで用意しておくことで、洋服選びもスムーズに。

 

押し入れの中の収納と、表に出す・見える形で収納を組み合わせることで、

 

日々の洋服の用意・片付けもよりやり易くなるのではないでしょうか。

 

 

使うスペース、掛けるものに合せた、木のコートハンガーをお探しでしたら、

 

お気軽にご相談ください。

 

 

 

[  コートハンガー ]

 

 ・タモ 

 ・ブラウン色オイル仕上げ

 ・60×43×128(cm)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 


 



コンパクト サイズオーダー
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11568333c.html
家具 トラックバック( 0)

本棚 --majakka--

 

本棚を納品いたしました。


 

リビングに本が増えてきたため、テレビボードの横のスペースを活かして

 

梁までの高さの本棚を作りたいというご依頼。

 

棚の側を板で囲う構造でなく、4本の柱で支える構造をご提案。

 

そうすることで、高さのある家具の圧迫感を抑え、

 

また、飾ることが好きなお客様が楽しめるディスプレイ棚として

 

正面から飾るものが見えるようなカタチとなりました。

 

下部には、コンセントがあるため、配線を隠すスペースを設けて

 

取り外せる板を加え、すっきりとした見栄えで使い勝手よくなっています。

 

 

 

 

本棚に加え、壁面の板壁もご注文いただきました。

 

お店の壁に使われている板壁を気に入り同様なものを取付たい。

 

素気のない壁を、木の素材感のある面にし、雰囲気良く飾り易い壁にしたいとのご依頼。

 

工房で製作した板壁を、ご自宅に運び入れ設置させていただきました。

 

 

お客様のお気に入りの既存のテレビボードとともに納まった

 

白いオイルで仕上げられた本棚と、風合いのよい白い壁。

 

可愛げに仕上がりまとまった空間を眺められ、とても喜ばれたお客様。

 

早速、飾りつけをし楽しまれたご様子でした。

 

 

限られた空間を活かし、またご自身のお好みの空間にする。

 

暮らしの中により心地よく楽しめる空間を作る。

 

そんな場所をもつことで日常の中の愉しみが増えていくと好いですね。

 

 

 

[  本棚 ]

 

 ・タモ 

 ・ホワイト色オイル仕上げ

 ・44×26×213(cm)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 


 



飾る シェルフ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11556962c.html
家具 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
majakka 「家具+額縁」               イメージ
majakka 「家具+額縁」               
プロフィール公開中 プロフィール
神戸・須磨の、家具と額縁を製作する工房とshopの、majakka(マヤッカ)です。
家具に特化したブログとして、オーダー家具をご紹介。
「生活の中で必要とされる家具を
シンプルに、丈夫に、使い勝手よく。
また、木という、素材・資源を活かし
お客様とともに考え、製作しています」

神戸市須磨区東町4-3-5-1F
TEL・FAX 078-737-0172
営業時間 11:00〜18:00
定休日 火・水曜日
http://kagu-majakka.com