jamih

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/jamih

実家の猫に嫌われて悩んでいたが、ある人の意外な言葉で好かれるようになりました

私は1年前に結婚して、実家を離れ近くのアパートに主人と住んでいました。 

飼っていた猫が三毛猫なんですけど、実家にいる時から私と猫はとっても仲良くて毎日のようにじゃれて、遊んでいました。

餌をあげる時なんかは、もう甘えられまくりで、本当に毎日一緒に仲良くしていました。


けれど、私が実家を離れてから、実家に帰って前と同じように猫に接すると猫が威嚇してくるのです。

私は猫と離れたことがとても寂しくて罪悪感でいっぱいでした。

なので、猫猫猫猫猫猫!って感じで猫に構っていました。

 

親になんでだろうね〜と相談をすると、猫が旦那にやきもちを焼いてるんだよと言われて、私もそうか、と納得していました。

けれど、半年経っても猫の威嚇は直りません。

引っかかれまくりで、シャーシャー威嚇されまるであの可愛かった猫が別人のようになりました。

 

私はかなり猫が大好きなので、とりあえず好いてくれる猫のところに行きたいと思

い、とりあえず実家の猫は置いといて、猫カフェに行ってみました。 

そしたら、そこのオーナーの方と仲良くなりました。

猫のことにかなり詳しい方だったので、猫そっちのけでその方とお話していました。

 

私が悩んでいる猫の事をその方に話したところ、「あなた、猫と接するときにテン

ション高いでしょ。」と言われました。

「猫はテンションが高い人と、自分から寄ってきて勝手に抱っこする人が嫌いなんだよ」とカーンっと心に突き刺さる言葉を言われました。

 

それを言われて、よく考えてみると、私が実家を出てから猫に対して、頭が猫ばっかりだったので今まで猫の自由にさせていたのに、たまに実家に帰ってきて猫と接すると抱き着いたり、なでたりかなりしつこくしていました。

それが原因だったという事に気が付きました。

猫カフェのオーナーの方はすごいなぁと感心しました。

その方のおかげで、私は猫にとっては遊んでくれるお姉ちゃんという位置づけだったと理解をし、遊び道具を買って猫と目を合わさず、猫に触れず、猫と遊んでみることにしました。

そうしたら、それをやり始めた当日から猫は私に威嚇することをやめました。

今では、「遊んで?」と猫からアピールしてきます。

猫が怒っていたのは、猫が機嫌が悪いのではなく私がしつこすぎたというところでした。

猫カフェで気付くというのはとても意外なことでしたがとても感謝しています。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000106742/p11727122c.html
日記 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ウルトラパルスco2レーザーでホクロ除去や眼瞼下垂手術
集合住宅地でのご近所付き合い
断熱性だけでなく色などデザイン性も求められる断熱塗料
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
jamih
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 1992
コメント 0 0
お気に入り 0 1

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[横浜] 鶴見分区園
[原宿] leoma
[名古屋] 気まま倶楽部

最新のコメント

おすすめリンク