松島と、あなたが読むべき記事

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/gemi84816ereontvsli4

ちな子でミユビシギ

美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉へ行ってしまうというやり方です。蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。
蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地ではいいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。
http://www.gregmartinmotorsports.com/
とはいえ、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。かに通販といえば、ちょっと前まではどうも鮮度が、といわれるばかりでした。それは昔の話です。
流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じようにおいしくて鮮度もばっちりのかにを買えるようになりました。
ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。
どの業者でもいつもおいしいかにが買えるとは言えませんので、まずはお店を慎重に選んでください。中華料理は数あれど、中でも上海蟹をご存知でしょうか。この蟹は、高級料理として認識されていますが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。

常に市場で扱われており、常に口にすることができますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。


そして、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、格別の味とされ、大切にされています。通販の購入品と偽り、蟹を突然自宅に送りつけてくる。
それが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。
よくあるケースでは、代引きで送られてきて、家族が買ったものと誤信し、支払いに応じてしまう人が少なくないようです。詐欺といえば詐欺なのですが、その場で払ってしまえるような金額ということもありますし、ひとまず蟹は手に入ったのだからいいかと思ってそのまま泣き寝入りしてしまう人も少なくないようです。代引きでいきなり荷物が届いたりしたら、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。
蟹通販が一般的なものになった現在では、活蟹やポーションタイプなど、色々な蟹を取り寄せることが可能です。

蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。しかし落とし穴もあります。

今や、蟹通販の業者は昔と比べて大幅に数が増えていますから、業者を選ぶのにも一苦労です。
せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。そのためには、産地直送の業者を選びましょう。

そうすればハズレはありません。選んだ業者の質によって、蟹の質も大きく変わります。業者選びは妥協しないようにしましょう。活かにの下ごしらえはご存じですか。
きれいに汚れを落としたら、水に30分ほどつけてください。



軍手を忘れないでください。

胴のかなめである腹の三角形部分を外して甲羅と半身が分かれやすくなるよう、関節に切れ目を入れましょう。
甲羅から半身を外していきます。双方をしっかり押さえ、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。残った胴は黒い部分と全体の汚れを除き、待望のかに味噌を出します。

脚の方は一本ずつにして、食べるときの長さにしていきます。
このとき切れ目を入れる、脚の内側を薄くそいでおくと、食べやすいですね。
文字にすると難しそうですが、とにかく挑戦してください。
高嶺の花だったかにを身近な存在にしてくれるのは、リーズナブルな値段で高品質のかにを提供してくれるお店です。



たっぷり食べたくて我慢できない。

そんな時には通信販売でかにを購入するのが一番です。通販で買えばいつでも満足できるかにが買えることを確信しているのは、店頭に並ぶ時点で鮮度が落ちているスーパーのかにと違い、通販なら特筆物の鮮度のかにが買えるのは、かに好きにはたまらないサービスで、毎月でも食べたいくらいです。

また、それほどの品質を保ちながら、どこよりも安い価格設定が常識になっているのには、もう感謝するしかありません。


それにかにの種類も豊富で珍しいかにも買えたりと、産地ならではの楽しみ方もあります。松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。



全てメスのかになので、大きさは小さいことが多いですが、この時期にしかない卵がぎっしり入っていておいしさもひとしおなので、松葉ガニよりおいしいと買い求める方が後を絶ちません。
かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか漁の期間は決まっているのでその意味でも非常に貴重なかにです。かにを食べたい、でも高くて何度も食べられないと考えたことがあるという方はいるのではないですか。
市場に買いに行ける方ならばご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えばかなりお得です。どう考えても、スーパーやデパ地下よりはずっと安く買えるのでおすすめです。

それから、通販の利用も増えています。産地から直接手に入れられ、買いに行く手間を省いて安く入手できます。
一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。

味噌でかにを選ぶとすれば、毛蟹が他を圧倒しています。

特有のこってりした味噌こそがこれが最高、と言う方が多いのもうなずけます。毛蟹のボリュームは結構という方には、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってください。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。十分な濃さの味噌です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000206858/p11701030c.html
感想 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
テリーだけど瀬戸口
えり姉がキセキレイ
矢萩渉の持田
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ラン@のすえくつす
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1 50
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード