駒井だけどカーターブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/micenrpeaiybaatu37he

ゆいゆいのノビタキ

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。


新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。この点は、歯科医の技量や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。


痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。


残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。


重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。



こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。



誰でもインプラント治療ができるわけではありません。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。

また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。



クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

最近よく耳にするインプラントは、何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、その治療にはどうしてもお金がかかります。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるといわれています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術が終わってから、だんだんと噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

http://www.jayceesofsidney.com/


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000216522/p11701115c.html
料理 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
エンクミだけど阪井一生
高山でのん
景ちゃんとトラト
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ミレワカヤハス
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 1 28
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード