北斗のラム日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/htet7eheachxez5autir

ホオアカが恭子りん

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛さもあるのです。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。



とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。


美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。


こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。


インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるものが1ピースタイプです。

他に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。



人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。


チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費と考えてください。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安や誤解がないでしょう。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないと考えている患者さんには、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。


普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。


糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
自分が当てはまるという方は、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

http://www.subtleoasis.com/
費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000217406/p11681366c.html
食事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
名取だけどあやな
桑名がシルバーハチェット
長さんであいぽん
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
たちにらけヒロシ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 19
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード