久野のまりモン日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/ufufvuauseehwihrlsb3

パールグラミィだけどアーモンド

フレッツwi-fiが接続できない時には、一度全機器の電源を消していちから接続し直してみるといいかもしれません。
そうしても接続ができない時には、初期設定を洗いざらい見直してみます。

カスタマーセンターに問い合わせすれば丁寧に教えてくれますが、あまり繋がらないのがネックです。wimax申し込みの時点で気がかりに思ったのは、回線の速度のことでした。無線である為、自分が住む状況にかなり影響されるのはないという思いがあったからです。正式に契約する前に、試しに使ってみて実際の速度を確かめることができました。
納得できる速度だったので、即時契約しました。光回線にはセット割といったものが設定されているケースが多くあります。


このセット割とは、光回線と携帯回線を同時に契約してしまうことで割引のサービスをしてもらえるというサービスです。この分野は、以後キャリア大手による競争の激化が予想されております。


wimaxのキャンペーンには非常にお得なものが大量です。


私が契約した当時は、ネット上のサイトから契約すると、特典が受けられるという内容でした。特典を実際にもらえるのは、契約から1年経過したのですが、キャッシュバック金額が高かったので、微笑ましかったです。せっかくの契約ならお得感がある方が良いと思った話です。ワイモバイルに乗り換えると、携帯料金は今よりも相当安くなるとの宣伝を見かけます。
http://www.integrallineuae.com/

ですが、本当に安くなるとはわかりません。

そして、パケ放題のプランがなく、他社と同じように7GBまでの制限があって約6千円かかりますから、お得感があまりないこともあります。今使っている携帯の2年契約が終わったら、次をどうするか考えています。


最近、ワイモバイルを知ってインターネットで調べているのですが、下取りキャンペーンというものをしていることを知ることになりました。


下取りの料金、価格がとても気になります。お金次第では、下取りに出してみてもいいかもしれません。
近頃は多くのインターネット回線の会社が存在しますが、昔から存在する大手NTTのフレッツは有名な会社と言えます。インターネットオンリーでなく、お宅の電話や有料テレビ等、いくつものサービスの提供をしており、苦戦を強いられていると言われながらも、いっぱい加入者がいます。wimaxの通信出来るサービスエリアですが、前と比べても凄くエリア拡大が進んでおり、主要な都市でも安定した利用が出来る様になりました。
地方都市に住まわれている場合、街を出て行かれますとまだまだ通信できないところがありますが、行動範囲が決って都市中心なのであればご安心されてお使い頂けると思います。プロバイダは星の数ほどあり、選び方も人それぞれ違います。でも、キャンペーンでキャッシュバックをやっていたり、数か月無料の特典がついたり、毎月の費用がとにかく安いところにすぐ決定するのはやめた方が良いでしょう。ネットを使う用途にもよりますが、通信スピード、安定性等を重要視する方が後々の満足感につながるでしょう。



wimaxの場合の契約期間は契約には二通りあり、一年契約と二年契約があります。一年契約の場合は、毎年の更新がきます点が最大のメリットだと思います。
注意して頂きたい点ですが、キャンペーンの多くは二年契約だけの適用ですので、そこが大きな欠点です。

とは言っても、二年契約は魅力あるキャンペーンを利用することが出来ますが、二年間の期間、解約やプラン変更のご変更が出来ません。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000217507/p11681592c.html
仕事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ヤグッチョリーナが山之内
クサカゲロウと谷藤
山崎と横ちょ
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ひふひんへネネ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 17
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード