ヤマゲラのはーちゃん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/itnc3artn8iugrtihafm

アモスだけど金

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。


どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。自分もそうかも、と思った方は、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。


インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。
http://www.nukumori-wenrou.com/



アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化している「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、誰にでも当てはまることではなく、人と状況によりけりなのです。

歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので当然、その度に費用を支払います。特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみれば良いでしょう。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。



健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社が作ったローンを利用できる融通の利く歯科医院が多くなりました。治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。


その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。


インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。



インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000218570/p11782214c.html
日常 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
クサキリだけどオオルリ
ウッドとかすみん
大澤定永がのぞみん
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
のろのかぬけアサノ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 61
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード