隊長のみるきぃ日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/ybdtplhonnnsnegroyca

竹田だけどスムースコーテッド・ハウンド

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。
かににも海水の塩分がついていますので、塩が入っているという程度のゆで汁で結構です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったらもう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

http://xn--l-phusbz013a15pli3aro6a.xyz/

全てお湯に浸るように注意しましょう。お湯や鍋が汚れない程度に、全体をきれいにしておくとみんなが気持ちよく食べられます。一口に蟹といっても、産地や品種など様々なブランドがあるので、まだ蟹に詳しくないという人は、一度、食べ比べて味を比較してみましょう。



色々ある蟹の中でも、特にお勧めの品種といえば、ズワイ蟹、これに尽きるでしょう。

この蟹の特徴としては、身には強い甘みがあり、蟹のもう一つの醍醐味であるミソも、濃厚で美味しいのです。他の蟹と比べると甲羅のサイズは小さく、表面がツルツルしているのが印象的であり、慣れればすぐに見分けられます。



ここのところ毎年、かに通販を使ってかにを買って良かったと当たり前のように考えています。少し前には考えられなかったことですが、ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送してもらえるためです。最近は通販でも、生のかにを扱うことが増えているので、家族からかにのリクエストがあったときはちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくかに通販で決まり、と思っています。



私が思うに、かにを買おうと思い立った時、最終的には楽天市場をチェックするのがおススメの方法です。

あらゆる要望にも応える品揃えなので、並行して他を当たる必要がないのです。かにの販売サイトは有名な会社のものならいいですが、聞いたこともないようなサイトを開いてしまうと、それだけで代金を損するばかりでなく、芋づる式に次々と魔の手が伸びてくる危険があることは割と知られていて、注意するに越したことはありませんね。それに比べて楽天市場のサイトには審査済みのショップしか出店できないので傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。口コミやレビューが多く、評価も高いとか支払いの方法がクレジットカード以外にも代引きなどを選べるようになっているお店は、引き落としなどの後々の心配も要らず、楽です。

代引きの手数料が無料なら更にうれしいですね。中華料理は数あれど、中でも上海蟹は高級料理としてその名を轟かせています。

元々上海蟹というのは、中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。四季に関係なく流通しているので、どんな季節に行ったとしても楽しめますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、最高においしい一品として重宝されています。
蟹通販に新規参入する業者も増えてきました。
今では、ネットでもいつでも好きなタイプの蟹を注文できるようになりました。便利な蟹通販ですが、難点もあります。

それは届くまで実物を見られないこと。



業者を選ぶのにお困りかもしれませんね。



蟹通販を利用する際には、サイトのレビューの内容を入念にチェックするとよいでしょう。そこでは良いレビューと悪いレビューを見分ける目も必要です。第一には、サクラ、ヤラセによる高評価を見抜けるようになることです。
サイトの規模にもよりますが、少ないレビュー件数の中で「良い」評価ばかりが不自然に並んでいるなら、おそらく業者が人を雇って書かせたヤラセ評価です。
紅ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、とさんざん聞きますが、それは思い込みかもしれません。
紅ズワイガニを食べたとき、他のかによりはずればかりだとしたらおいしい紅ズワイガニを味わったことがないだけだと思います。紅ズワイガニは鮮度が命で、新鮮ならみんながおいしさを認めます。新鮮な紅ズワイガニは手に入りにくいので素直においしいと言われにくいのでしょう。


今年も蟹のシーズンがやってきましたね。
何より蟹が大好きな私。
新鮮で美味しい蟹を味わうために、北海道の蟹の産地を訪れることが、毎年この時期の習慣です。北海道に行く際の目的地といえば、私の知人が包丁を振るっている、函館にある蟹専門店です。そこでは、水揚げされたばかりの新鮮な蟹を用いた料理を、店主が腕によりをかけて作っています。



私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

蟹味噌が濃くてよく食されている毛蟹ですが大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、どうやって選ぶかが重要で、一歩間違うと殆ど身の入っておらず味が悪い場合もあり、注意が必要です。
品質のいい毛蟹を選ぶ時のポイントはなんなのでしょうか。購入場所が店頭である場合は実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、手で触れることのできない通販で選ぶときには、厳格な基準で商品を取り扱っている、信頼できる会社を選ぶことが失敗を避けるには重要です。
毛蟹を選ぶとき、いくつか注意点があります。

一番のポイントは水揚げされた時期です。
大きめで、身がよく詰まった状態で獲れる冬は、毛蟹が最もおいしい時期です。
その次に重視したいのは見た目の色艶、持ったときの量感です。なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。色艶のいいかにはやはり新鮮ですし、重たいかには身がぎっしり詰まっています。購入する前に販売店の評価を調べ、高い評価のお店へ行けば大はずれのない買い物ができるでしょう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000223937/p11591485c.html
食事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ラフコーテッド・ハウンドの中條
オーストラリアン・キャトル・ドッグでまみっこ
井元がタカシ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
レオナシマイオ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 13
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード