天響のおぐにゃんブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/tsied1k2flynriebeuro

曽我部が越後

インプラント治療を始める前に治療費が気になるのは当然です。現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって差があると考えるべきです。
保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。ただし、おおよそ相場は決まっています。


インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場です。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて独自の分割払いを取り入れた融通の利く歯科医院が多くなりました。



現金で費用を一括払いする必要なく、受けたい治療を受けることができる状況になっています。インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

それは本当のことではありません。MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。

治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。



ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多くを占めます。


入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。


特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。


ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。


まずは歯科医に全て話しておきましょう。インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという場合があります。


ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。


http://www.homegroanfitness.com/
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。



つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。


それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。


歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000225715/p11701267c.html
感想 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
黒澤と鈴木博文
もっくんが中尾憲太郎
尾関だけどタイワンミヤマクワガタ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
きめぬそたリュウト
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 11
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード