佳奈様のマリリン日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/acepevtsehten6tno2ee

山口が神山

将来の隣人との境界争いを未然に防ぐために土地境界確定図を作っておくということは、一戸建てや土地そのものを売却する際にはよくあることです。法的に強制されたものではありませんが、土地価格が高騰している現在では、たった10センチの差が20万位の差にもつながりかねないですし、行なっておくケースが多いです。

土地境界確定測量の費用は面積次第ですが、住宅地なら100平米で35万前後でしょう。

売る側にとっては少なからぬ出費ですが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。既に抵当権を抹消済みの住宅を売るのなら取引上は何の支障もないのですが、住宅ローンの支払いをまだまだ残している家となると難しいです。基本的に抵当権が設定されている土地家屋は売ろうと思っても売ることができません。残る手段として有効なのが任意売却制度です。専門の仲介業者が金融機関と債務者の間に入り、不動産が売却できる状態にします。

毎月の返済が苦しくなった時、競売に代わる一番有益な選択と言えるでしょう。
http://www.berclo.info/


慌てる乞食は貰いが少ないというのは世の常ですが、殊更不動産売却の場合は高額な取引になるため、十二分に慎重な姿勢で検討することが求められます。
まず用心しなければならないことに、全ての不動産会社が良心的とは限らないという点があります。

仲介契約をしているにも関わらず売る気を見せなかったり、非常識な安値で買いたたくような場合もあるため、選ぶときは用心しましょう。些細な点でも信頼を損なう点が見えたら、他を探した方がいいでしょう。

資産を現金にすることができるのが、家を売る上で1番のメリットと言えるでしょう。それと、売る物件の災害保険料、住宅ローン保証料は、残りの期間の金額が返ってくるでしょう。
ただし、このお金は物件の取引終了と同時に保険会社などが自主的に返金してくれるものではありませんから、自ら手続きを行う必要があります。



売却が決まった場合には、必ず、契約会社に連絡してください。



不動産の売却で生じる税金の中でも要注意なのが譲渡所得税と住民税です。



物件売却で利益が出れば、これらは必ず賦課される税金です。
ただし、住居だった物件の売却なら、3000万円の特別控除が行われます。

なお、どれくらいの期間所有していたかで課税のされ方に違いがあるため、売却を進めるときは十分確認しておきましょう。
良い不動産屋で不動産売却を行いたいと思ったら、どうやって選べばいいのでしょうか。
一番重要なのは、物件の売却に不動産屋の強みを活かせるかどうかです。マンションや一戸建てなど不動産屋によって得意分野が違うため、売りたい物件に適した強みを持っている不動産屋に頼むことが必要なのです。加えて、例えば全日本不動産協会といった団体への加入の有無も、安心して任せられるかどうかの参考になるでしょう。一般的に、不動産を売却する際は不動産仲介会社を介して他者に物件を売るのですが、会社の方針によって物件の買取を行っています。



簡単に説明すると、物件を買い取ってくれるところへ査定をお願いし、提示された金額に合意した場合、買取してもらいます。不動産業者に仲介に入ってもらい買い手を探すとなると、それなりの時間が必要になります。



でも、買取なら物件を今すぐお金に変えたい時には最適です。
当たり前だと言われるかもしれませんが、所有者として登記簿に明記されている人の許可がないと、住宅を売買することはできないです。共同所有として複数の名義人が存在するのなら、共同で所有している全ての人の同意が必要です。所有者が故人のときは、許諾が得られないことになりますから、現状売却不可ということになります。


まず名義を相続人の方に変更し、今度はその人を含めた全員の賛同を得て売却となります。
多くの場合、不動産の任意売却の説明においては、そのメリットのみがピックアップされがちです。


でも、当然のことながら良くない点もあるのです。任意売却の場合、競売などのような強制売却ではありませんから、いくつかの手続きを行わなくては売却ができません。関係機関との手続きや交渉といった面倒な手順に加えて、購入を希望される方の内覧には立ち会わなくてはならず、競売に比べてかなりの手間がかかってしまいます。さらに悪いことに、これほどまでに負担を強いられながらも、買い手がつかないことも珍しくありません。


内覧に来た人の不動産物件の印象を良くするためには、清潔なのはもちろん、明るくて広く見える演出が重要です。
電気代をケチらず、照明はあるだけスイッチを入れ、きちんと清掃を行い、狭いという印象を与えないようにして、あまりやらないところまで丁寧に掃除しましょう。
一例としては、水回りに水滴を残さないことです。日常的にやるのは面倒ですが、内覧前には拭き取るようにしてください。こういったことに注意すれば、グッと印象が違います。アラ探しをされるという覚悟で不動産物件のメンテナンスを欠かさないようにしましょう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000226812/p11701024c.html
想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
みちゃと興梠
一柳だけどヤマサキパン
小森としばっちゃん
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
アイリ@さはもりふら
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 30
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード