首藤のゆっけ日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/lcsmeeeee0ysbitctnpb

寺岡と川元

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすのが無難です。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが治療の成否に関わる問題です。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ内で述べている歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。



差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウン治療が可能になります。根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。


別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックとは要するに陶磁器であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが必要不可欠です。
http://www.umcdexter.org/

これには大変な手間と時間がかかりますから、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて本格的に手術を始めるためです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。


確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという場合があります。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000232183/p11591516c.html
想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
塩爺だけどベキヤマ
Martinとたけうっち
加瀬のトモエガモ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
マカタシリヒハ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 16
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード

|