ウメエダシャクのさっちー日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/riftlden0yhsopnjduoo

福森とめぐたん

身内に不動産屋がいるのでもない限り、いったいどのようにして家を売るべきか判断がつかない方もいるのが普通だと思います。

不動産売買のファーストステップとして、とりあえずウェブの住宅売却の一括査定サービスを使って、幾つかの業者に査定を依頼しましょう。

査定額や営業マンの対応を見て、自分が良いと思ったところを選び、売却を依頼し販促活動を経て、内覧希望者を迎え入れ、買い手がつき、売却完了という運びになります。


売却しようかと思っている不動産物件が複数人の共同名義の場合、委任状が売却に不可欠です。このような例では、代表者となって取り引きを行う名義人に、残りの人全員が代表者に取り引きを委ねる考えを明示した委任状を提出しておくことになります。

この委任状はいつまで有効かという期限が特にないので、ひとたび受領したものは契約成立までの間ずっと有効です。できるだけ高い価格で住宅を売却したいのであれば、最初から価格交渉はあるものと思って間違いありません。
購入者にしてみれば少しでも安いほうが嬉しいのですから、金額に関わる駆け引きなしで不動産売買が成立することはほとんどないでしょう。

値引きなど論外とばかりに対応して買い手が逃げてしまっては、話になりません。交渉の潮時を間違えないためにも、不動産相場を理解しておくことは不可欠です。物品の購入時に避けて通れないのが消費税です。



住宅の購入時も対象となるものの、課税対象には土地は含まないため、戸建なら建物だけに消費税を払えば良いのです。


それと、自宅売却のように売り手が個人の場合は消費税が非課税となるというメリットがあります。しかし例外もあり、個人でも売主が住む以外に所有していた不動産や、収益物件(アパート等。住人の有無を問わず)は、消費税の課税対象となるため、注意が必要です。



種類を問わず不動産を売却する時は、第一に不動産相場というものを知る必要があります。

いかに元値が高額であろうと、相場は時価ですから過去の額はアテになりません。

持てば値上がりするような時代もありましたが、在庫過剰になれば安くなるのは不動産業界も同じで、相場より高い物件を買う人はまずいません。



現在の相場の動向を知り、これなら比較検討してもらえるという価格に設定しましょう。

肝心の相場ですが、一括査定サイトで複数の不動産屋に提示してもらえば簡単にわかります。人が住んでいた家を売る際は、物件引渡し前のホームクリーニングは契約書に記載があれば別ですが、絶対にしなければいけないわけではありません。

通常の清掃程度であれば問題ないものの、時にはクリーニングしておいてほしいと購入者から依頼されることもあります。

そのような場合は仲介する不動産会社と相談のうえ、プロに依頼するかどうか、どの程度までやるか等を検討するのですが、掃除で揉めることは殆どありません。リフォームをしたのちにマンションを売りに出せば、より好条件で買い取ってもらえると思う人も結構います。でも、その考えは必ずしも正解だとはいえません。リフォームには結構なお金が必要になってきますし、リフォーム費用の元が取れないという事態に陥ってしまいがちです。住む人の感性一つで好き嫌いは分かれてしまうので、リフォームにお金をかける分、価格を下げた方がより素早く売却できることもあるでしょう。



買おうとする意欲が薄れてしまいそうな明らかなデメリットがお部屋にないのなら、現状のまま売るのがベストだと言えるでしょう。不動産を売却する理由は様々ですが、あまり人には知られたくない場合もあるでしょう。
http://www.sarahsmilesawhile.com/


このような、個人情報を伝えずに不動産物件がいくらになるのか査定してほしいという人も多く、不動産の一括査定が匿名でもできるサイトが主流になっているようです。個人情報を伝えないことの利点としては、個人情報を入力したせいで査定後に営業を受けたり、電話を繰り返されるといったリスクを回避できますし、素性の疑わしい業者に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。ですが、匿名でできる一括査定サイトの査定結果は、簡易査定の結果となっていることがほとんどです。

ですから、おおよその査定額しか出してもらえないでしょう。



物件を売却しようとする際、すぐに価格を決めずにまずは、ネットの一括査定を利用し、何軒かの不動産業者におおよその査定額を教えてもらいましょう。



査定額を並べると相場が導き出せるはずですから、相場にふさわしいと思う価格を検討しましょう。それに、仲介業者の中には、コンサルティングまでやってくれる社員がいることもあるようなので、無料相談を利用して、最高額がどのくらいつきそうなのかを一考するのもいいでしょう。ちょっとでも早く不動産物件の売買を終わらせたい場合に、最も確実な方法は、仲介ではなく買取で契約を結ぶというものです。

売りに出す、買い手をみつける、交渉する、契約するといった手間と時間をかけずにすむので、スピードでいったらこれよりも短時間で済む方法はないかもしれません。

ですが、残念ながら買取価格というものは安くなってしまうケースが多いというデメリットが生じますから、どうしても早く物件を売って現金化したいと考える方にしか向かない方法かもしれません。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000232353/p11736697c.html
恋愛 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
寺島と保(たもつ)
アオオサムシのALEX
沢田泰司で島村
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ウ愛エダ結
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 18
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード