高林のあやブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/ihaegenw5hunienavm1a

「ムーバーズ引越しバイト」に関して、調べてみた。あかりの引っ越し業者の違いしたい!

引っ越しをするとなれば、やはり専門の業者に依頼する、ということが多いでしょう。ここでは、引っ越しを請け負う業者をどのように選ぶのか、また、金銭面でどんなふうに考えるか、といったことについて説明していきます。
引越し業者といっても、近年は多数の業者がありますが、有名なのは「アート引越センター」「サカイ引越センター」「アリさんマークの引越社」「クロネコヤマト」「日通」などではないかと思います。
また、知名度としては、あまり高くないものの、「アーク引越センター」「ハート引越センター」「引越のプロロ」「ムーバーズ」などの引っ越し業者さんを、引っ越しの際にご利用されているリピータの方もいるのではないでしょうか?
荷物を梱包し配送、設置するというサービス自体にどこも極端な差はありません。ただし料金設定には大手とそれ以外では確実に差があります。
基本としてアート引越しセンター、クロネコヤマトといった業者は高めの見積もりを出してくる場合が多く、
中小の業者の場合、お値段についてはかなり勉強してくれるところが多いです。中小の業者は受注するのに必死なためです。
業者ごとの違いの一つに、家電設置サービスの内容が異なるということがあります。
ひとつ具体例をあげますと、引っ越した先で洗濯機を設置することが多いわけですが、これを「有償設置」する業者と「無料サービス」にしてくれる業者があります。お客の立場からすると、一見「無料サービス」のほうが良いに決まっている、と感じられるかもしれませんが、
無料サービスの場合は、洗濯機設置後の水漏れ等の不具合への保証が付きません。
反して有料設置だと保証していただける場合がほとんどです。
従って、家電の設置については有料になるけれど、それを差し引いても引越代金が安価な業者であれば最も安心して引越を依頼することができます。
また、大手の引っ越し業者ですと、食器を専用ボックスを使って運搬するということをウリにしているところがあります。しかし、専用ボックスといっても、あちこちの引っ越しで使っているのをそのまま使っているわけで、けっこう汚れていますから、なかに入れて運んだ食器も汚れてしまい、引っ越し後に食器を洗うことになります。そう考えると、さほど便利なサービスとは思えません。
ムーバーズ
最後に、引っ越し費用を安くあげるために、するべきことをあげておきます。それは、相見積もりといって、複数の業者から見積もりを取り、価格を競争させることで、
引越し一括見積もりサイトを活用すると手軽に複数の業者に見積もりを依頼することが出来るのでお勧めします。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000236745/p11781407c.html
恋愛 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
ちくせみひユウシン
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 2
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード