相田による逆転の発想

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/vlrlfelaleouacoybutt

牧田 和久 2(4)

萩原流 ジャストミートセオリー 〜野球半人前の親父もとれる!キッズをグループで一番のバッターにする企画〜 【HM0001】

あけましておめでとうございます。今年も宜しく。という、お約束のあけおめケースよろ。ですね。
年明け早々に驚いたのは、星野仙はじめさんの亡くなったのもあったけれども、驚いたのですけれども、それほどなっているはね。
11月に殿堂入りの群衆があったとかそういった新型スってあるのですけれども、なので、年明け早々にこの新型スってあったので、ふと驚いたところではあるけれどもね。
そんなわけでね。おいらは、中日、阪神、楽天のオタクではないので、対戦ユーザーとしてしか対戦していないので、わからないけれどもね。
で、はじめは、中日と広島の絶えず乱闘をしているのでね。毎年のこういうカードでですけれども、それほど乱闘していて、長嶋が岩本を蹴ったりとか、そんなのもあったし、昨日の精鋭野球案内で陣川が中尾にミットで鼻をぶったのは、そういうことかというのもわかったしね。とりあえず、なるほどね。ということはあったけれどもね。

で、年始休日とかで各種ところでいるのだけれども、忙しかったから、見ているものをね。見たいのもあるけれども、けれども、忙しくて確かめるケースできなかったのよね。
そういうので、野球スポーツマンの大運動会系統の、やり取りアリーナとか、精鋭野球総選挙とか、そういったのもまだまだ見てはいないところが、いっぱいあるので、それを見極めることとしようとね。そうね。思ってはおるところでは居残るのよね。
そんな感じで、本日一年中は見たいテレビ局、たまっているのも見分けるそういう一年中に決めるということでしょうね。
あとは、とんねるずの行動王室は私です!も世間野球盤しか見ていないですしね。以外もまったく見たいテレビ局少々いるのよね。
あとは、鳥谷という青木のおしゃべりあるのですけれども、いかなる形でね。連絡をね。しているのか?気になるところでは生じるね。
ユーザーのスポーツマンをですけれども、どういう感じで思っているのか?気になるところですし、ネットワークがね。考えにはなりますね。

そう言うあわただしい中頃ですけれども、初めて果てしなく考えにはなっていた世間野球盤なんですけれども、それが見ましたね。
あの作戦を考えた自身っていうのは、最高ですし、鬼才ですよね。打ったとして、好都合バッティングであっても、ファインプレーとか、ダブル公演とかもあるし、逆にボテボテの当たりでも一撃になったりというね。嬉しいケース生じるのよね。
で、あとは、吉岡ですよ。恋人にメタルバットを持たせて、球原料が3つしかないっていうのは、もの凄い結果、引き下げる球原料っていうのは、本音ないでしょうね。
ソフトバンクで、ホームランテラスがないヤフオクドームでね。始めるっていうのは、ちょい痛いでしょうしね。
次いで、今回のマエケンのホームランは当然。さすがに球原料が、堂々、のろい真面目、曲り目の3つで、メタルバットですけれども、あそこまで投げるっていうのはね。さすがとしか言いようがないですね。素晴らしいものでは生じるね。

あとは、大運動会みたいな人物もあるけれども、上田が大活躍をしたとか、そんな感じでね。いるみたいでは居残るのよね。
それもね。見ないといけないのかな?ってね。あとでておるスポーツマンなんですけれども、山田って秋吉がでているそうなのでね。その2人のスポーツマンの動きをね。見てみたいところですね。
そうしてですけれども、どういう結果になったのか?とか、やっぱり精鋭野球スポーツマンの効用の高さというのをね。見てみたいところでは生じるのよね。
上、何だか勝てなかったスポーツマンというので、各種スポーツマンがでてくるけれども、気になったのは、何となく野球間柄でしょうね。
では江川ですけれども、あのハイスクール時世でホームランを打ったバッターがいるッテいうのも著しいですしね。あの頃は、まだまだメタルバットではなかったわけですしね。
そういった時世でね。で、精鋭に入ったらですけれども、結構ホームラン打たれている適当投球の模様あるけれどもね。勿体無いなとね。

あとは、伊藤智仁にノム氏が詫び講じるという結果ね。如何なる感じのになるのかな?としていたけれども、残念な特性で、壊れて、カムバックしてというポジションとか、抜けていて、ルーキーのカテゴリーで終わってしまったようなそんな特性であるのでね。そうなってしまうとね。
というのもあるからね。惜しくもね。勿体無いな。とね。
だったら、11月にでた伊藤智仁のテキストを買った方が良いのかな?ってね。思ってはおるけれどもね。そんな感じでね。思っていたりやる。他には、さんまのまんまでマーさんでているから、それをね。確かめるのもあるけれどもね。
とまあ、各種テレビ局をね。見ていると、それだけでね。一年中かかってしまうのでしょうから、それで終わりになるのかな?ってね。
も、1度もどこも動かずにウチでじっとやるのもね。それがそれでありなのかな?ってね、思ってはいるけれどもね。
昼過ぎから、もっとね。しておかないとね。いけないでしょうね。

凄いスポーツマンね。選挙になると、昔のスポーツマンっていうのは見てはいないので、どういうふうに評価するのか?数値があれば、分かるし、出来るテクを照らすのか?とか何かとね。
で、代々野手20程に秋山ね。
おいらにおいて、20程ね。まさかそれはありえないでしょうってね。おもうところではあるけれどもね。それでも、今のスポーツマンしかしらないと、そんなに向かうのも致し方ないポジションはね、で、古田ね。古田はおいらはヤクルトオタクであるから、ユーザーが勝手に転んでくれるようなそういう理解があったのよね。
で、こういうテレビ局ね。おいらとの理解はね。全然違うわ。新庄が秋山とかよりも上っていうのはね。ありえないというね。たいてい、結果がね。際立つからなんでしょうけれどもね。
16程に衣笠ね。恋人は一際評価されるべきかとね。けれども、地味なのかな?というのもあるけれどもね。
はい、おいらにもアンケートをね。実施してほしかったのもね。あるけれど、どうして答えた?

これは1自身を選ぶのか?ベストナイン形式で選んでおるのか?考えには繋がるポジションね。
ベストナイン姿のほうが素晴らしい気がしますけれどもね。
これは、自分のごひいきグループという洗い浚い二つをしないといけないのでしょう?って思ってはおるけれどもね。
ヤクルトのベストナイン。どうなるのかな?とね。
あとは、すべてのね。人物ね。これって、環境をつけないといったいけなくて見ていないスポーツマンって反作用できないのもあるけれども、そうなると、見てはいないスポーツマンを評価しないといけないというのも生じるね。
ですから、たとえば、カネヤンおるけれども、恋人は当然見ていないので、そこは見ることができないというのもいるね。
も、400勝っていうのはね。20勝を20カテゴリーでしょ。それって、無理ですって。今日、先発投手が、30賭けも先発で現れるケースないから、きっと、無理でしょうしね。それと江夏の季節401奪三振はね。これは、本当に不可能記録でしょうしね。それはあの江川も諦めたとか。

バースね。これはすごかったわ。これは聞き入れる。
本気、常に打たれては要るけれどもね。そんな印象で、何気なく振っているからか、何とかわからないけれどもね。
その頃は、ブーマー、落合、バース。こういう3自身でしたね。ブーマーもすごかった。じつはうまくて、光線今しがたとかちゃんと一年中1テキスト打っておくことで、こちら最高で勝負してくれたり、逆に記録がかわいくなったりってね。何かとあるのでしょうがね。
こういう3自身がいたら、1自身いたら、ディレクターは楽な結果はあるのでしょうけれどもね。
4番でしっかりとどっしりと割合もかせげて、ホームランを打てて、打点を敢然と稼いでくれたら。といったね。思っては要るけれどもね。
落合をサードで使えば、バースかブーマーのどちらかとね。それから、ファーストといったサードで強打者をね。置けるというのもあったけれどもね。すると守備ね。そこそこは瞳をつむることをね。しないといけないのでしょうけれどもね。けれどもでも適切ね。

ヤクルトで代々ベストナインを選ぶとなるとね。カネやんをね。どうして取回しにするのか?
といったね。言うことですよね。
入れるとなれば、そうするとですけれども、そうなれば決まりでしょうね。
で、入れないで、幻範囲として、投手はどうするのか?とか、ね。
ヤクルト故郷で2000テキスト安打若しくは200勝、250コントロールやるスポーツマンをね。名球会スポーツマンは何方です。
投手は、250コントロールの高津。
古田、宮本慎也、ラミレス、稲葉、若松というどんだけいるんだよってね。と、ここは外せないだってね。上、青木もいたか。
という結果、こういうスポーツマンたちを選ばない理由にはいけないですしね。
ってことで、ここだけで、村八分秘訣が4自身。おいらの好きな杉浦も入れておきたいですしね。
となるとね。あとは、ショートですよ。池山も入れたいということになるので、どうしようか?
ではファーストに杉浦をまわして、DHにラミレスにしようとね。それでも、ペタジーニもいるしね。難しいね。

きまるのは、キャッチャーの古田ね。セカンドは山田でしょう。
サードは岩村かも?そうなると、ショートで迷うよね。となると、池山をファースト?ほぼやったことがないですしね。
というのもあったりやるけれどもね。
およそ、これでだいたい決まったかな?で、ディレクターはノム氏でしょうね。
投手は松岡かな?あとは伊藤智仁は入れておきたいしね。石井一久をね。入れておきたいというのもあるけれどもね。
とまあ、そういったことをね。考えながら、野球を見るッテいうのもね。ありかな?ってね。如何なる感じのチームになっていくのかな?といったね。席に八重樫と杉浦、あとはまん中の守備行える飯田はね。そこはね。入れてはおきたいな?ってね。思っているポジションね。
八重樫のあの極端なオープン信念をね。見ておきたいというのもね。あるけれどもね。
あとは杉浦の打球の弾丸ライナーをね。敢然とね。見ておきたいというのもね。あるけれどもね。


萩原流 ジャストミートセオリー 〜野球半人前の親父ももらえる!キッズをグループで一番のバッターにする企画〜 【HM0001】


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000241631/p11710812c.html
人生 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
顔を小さくする方法でおススメはコチラ!マッサージや整形・エラ
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
きさひきろんオノ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 1 5
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード