くまさんのDiazBLOG

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/ut4q0gjehyrweufnd0il

ゼブラダニオだけどパロットパープル

一軒家を売却した時に頻繁に起こるトラブルは、既に不動産屋と専任媒介契約をしたのに、不動産屋を通さずに購入者を探し出して、何の相談もなく売却契約を行うケースでしょう。こういったようなケースですと、相手方の不動産業者に対して、宣伝費などのコスト、それに、手数料を合わせたくらいの違約金を払って、埋め合わせる必要があります。

一般媒介契約でしたら、自分で買手をみつけたとしても、何の問題もありませんし、不動産業者に文句をいわれることもないのです。しかし、仲介しない可能性がある分、専任媒介契約と比較すると、後回しにされがちな印象があります。所有していたマンションを売ったら、税金がかかることがあるのです。譲渡所得税という名前の税金です。
マンションを買った金額と比べて、値段が高くなった時に、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。ですが、譲渡所得税はマイホームを売却した時の特別控除が用意されていますから、これまで住んでいたマンションを売った時には譲渡所得税が発生しないことが少なくありません。何か特別な事情でもない限り、不動産を売り渡す際に起こりうる不利益といえば、徴収される税金についてのことくらいだと言われています。
もっとも、住み替えのために売り渡そうとする場合には、厄介な問題が起こることも覚悟しておく必要があります。一例を挙げると、売却の話が成立することを想定して、既に転居先の購入が決まっているにもかかわらず、購入者がいないまま時間ばかりが流れて行き、得られるはずだった売却代金が調達できなくなる恐れが出てくることです。すでにご存知かもしれませんが、住宅の査定を依頼する業者が変な会社でないか判別する手段のひとつが、宅地建物取引の免許番号です。
もしもらった名刺のどこにも免許番号が書かれていなければ、認可のない違法な業者かもしれません。
細かいところでは、免許番号のかっこで囲まれている数字は更新ごとに増えていくため、簡単に言うと数字が大きいほど営業年数が長いということになるのです。

しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、数字が小さいから実績がない業者だと断言するのは誤りです。

住宅を売却する際は、登記、金銭授受、物件引渡しなど一切を終えるのに、すぐ買手が見つかっても3、4ヶ月は必要で、半年以上かかることが殆どです。



3ヶ月ないし更に短期間での現金化が必要であれば、直接不動産会社に売却することも可能です。
買手イコール不動産会社なので早いです。

会社にもよりますが市価より安い値段になりますし、時間があれば中古で売却した方が高いので、あくまでも検討が必要です。
しかしある意味、期間内にすみやかに不動産を売却可能という意味では有効な方法かもしれません。バブル期に建てられた築30年ものの戸建など建築年数的に売却に不利な家の場合も、修繕やリノベーションを施して住みたいという人も多く、昔より売却が可能になってきました。

それに古くても広い家の場合はシェアハウスとして使えるよう改築したいという買主が珍しくなくなってきました。あらかじめ建物診断検査を受け、蟻害、深いヒビ割れ、沈みなどの問題がないのがハッキリしていれば、売却交渉も有利に進むでしょう。競馬、もしくは、競艇といったギャンブルの払戻金、及び、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などに代表される、定期的に発生する収入以外の臨時的な収入は一時所得という分類になります。
不動産の売却で得られたお金も同じく臨時の収入ですが、これは別の区分で譲渡所得と呼びます。所得税の課税時にも一時所得と分離して計算されます。


例外も多々ありますから、必ず確定申告を行いましょう。


あとで不満を残さないために、家の売買を安心して任せられる不動産業者を見つけましょう。


マンションを得意とする業者もあれば、戸建に強いところもあり、売却価格で1割以上も差がつくケースもあるからです。


PCが使えるようでしたら、ネット上に一度の入力で何社でも一括で見積りを依頼できるサイトが数多くありますから、そこで複数の業者を選んで見積りを依頼して、営業力があって信頼できるところと媒介契約を結びましょう。
http://www.zistersdorf.net/
誰でもネットに接続する環境があれば、土地家屋の売却相場を手軽に確認することは可能ですし、利用しない手はありません。「土地総合情報システム」は、国の地価公示額を掲載しているので嘘偽りがなく、近年行われた不動産売買の面積や所在地、売買価額といった膨大なデータを検索することが可能です。



なるべく現在に近い売り出し情報を知りたいときは、不動産物件を集めた情報サイトを見れば一目瞭然ですし、いくらで売られているのかを見ていくと相場の目安をつけやすいです。



不動産売却を普通に行う場合の流れは、不動産会社に連絡するところからスタートします。次に、どんな物件か品定めがされて、それによって査定額が決定し、媒介契約を結ぶ不動産会社を決めます。不動産会社の宣伝活動が始まり、めでたく購入希望の申し出があったら、折り合いのつくところまで価格交渉をしてから売買契約をして、決済が済んだら売却物件の抵当権を抹消しておき、買主に物件を引き渡すまでに中を空けておきます。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000241718/p11701119c.html
毎日 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
日向で安保
北尾の安里
セルフィンプレコが塚原
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ほしあへらヤマダ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 18
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード