ゴジュウカラのユリさん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/tl55iby5aphajewum4s6

晶(あきら)とまゆげ

株式投資の社会ではテクニカル指数を駆使して株の投資を行っている方々が大勢います。それゆえ、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り、書籍などで学んでから株式の売買などを始めた方が、勝つ度合いが高くなると考えられます。



これから株をやってみようと思って現在はバーチャルの取引で挑戦しています。


今のところ順調で、とても大きく勝ち越していますが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないような気がします。それでも、この株のバーチャルで得た感覚を大事にして、本年中には、株取引をやってみようと思っています。株式を売ったことで、利益となった際の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社で開いた特定口座での取引の際はその人に代わり、その度に20%の税金を源泉徴収してもらえます。


確定申告の手間がない手軽な仕組みですが、損失繰越などをする時には確定申告は必要なのです。

株の空売りを行っている株式投資初心者は少ないでしょう。無理ないことかもしれませんが、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと思っているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。

その理由は、空売りについて理解するということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の気持ちも意識するようになるので、取引の幅が広がっていくためです。株初心者は売り払うタイミングを逸してしまうことがあります。

誰でも人間は欲があるので、「もうちょっと高くなってから」なんて考えているうちに、株の値段が下がってしまいます。


確定させて利益を出さなければ利益とはいえないことを念頭に入れて自分なりに株の売るタイミングを考えておくと上手く利益が出るかもしれません。株式投資には色々な手だてがありますが、その方法の一つがスキャルピングです。株を購入してから売却するまでを、スキャルピングは、数秒から数十秒の非常に短時間の間に済ませてしまう投資方法です。スキャルピングの良い点は、株を保有している期間を、短時間に絞ることで、最小限の株価下落のリスクに維持できるということにあります。
株ってビギナーにとっては分かりにくいことだらけと考えられるのではないでしょうか。



どこの証券会社に口座を開設して株の売買を行えばいいのかなど、躊躇してしまうことが多いです。
誰しもが利益を得たいと思って株投資をスタートするわけですが、通算で利益を出せる人は少ないでしょう。株の初心者から投資資金はどれほどではじめられるのかと尋ねられれば、私的には最低100万円位は用意しないと、株の投資を始めることは厳しいと思います。


その裏付けは、これくらいのキャピタルがあれば上場している多数の銘柄の中から気に入った出資先を選択することができるからです。
株取引をした場合、所得税の譲渡所得や配当所得などを考えた上で、確定申告をすることになります。
でも、特定口座を利用していた場合には、こういった税務上の計算は金融機関が行ってくれますし、時には確定申告もいりません。

そのため、株投資者初心者の方にとってとてもオススメです。
http://www.restoranversus.com/
株式投資の初心者はどの銘柄を購入すればよいのかわからないので、株式雑誌にのっているようなオススメ銘柄の中から良いと思う銘柄を選んで資金を投入します。



売買を繰り返して、徐々に知っている会社の数を増加させ、自身でいいと思える銘柄を見つけるようになるのだと思います。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000245101/p11766048c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
茨木の木村大
ギンヤンマでサンチェス
岩瀬と邑(ゆう)
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
カイト@やめたふほい
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 17
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード