牛尾の一堂零ブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/th8idotnb1raqhy0thbw

ゆかりんだけど渥美

株のデイトレードの時短期間に大もうけできてしまう人は間違いなくいます。デイトレードは、注文した株を持越しすることなく当日以内に手仕舞いしてしまうやり方なので、想定できないほどに株価が下がってしまうこともほとんどなく、リスクの管理しやすいと思います。株取引に慣れていないのなら確定申告のことを配慮して、源泉徴収ありの特定口座を取引口座として開設することを提案します。


手間のかかる確定申告の調査や作業にかける時間を短くして、かわりに、株式投資のための情報を調べ回ることに時間を割くことができるからです。


http://www.archaeologyindia.com/
株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けた方が身のためです。仮に、株では空売りして利益を得ようとする方法があります。空売りというのは、売りから始める信用取引のことです。


空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を狙うことができます。



でも、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分なじんでからするべきでしょう。

株式投資の新人から投資資金はいくらぐらいで始められるのかと問われたら、私は最低100万円程は用意しないと、株式投資にとりかかることはきついと思います。
その理由はこのくらいの元金があれば上場されている多数のジャンルの中からお気に入りの投資先を選り抜くことができるからです。株の空売りをする株式投資のビギナーは少ないのが現実です。しかしながら、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと考えているのなら、身につけておいたほうが得策だと思います。


その理由は、空売りを知るということは購入するほうの気持ちだけでなく、売る方の気持ちも気にしていくようになるので、行える取引の幅が広まり、株取引がより楽しめるようになるからです。私は最近、株式を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、学んでいます。参考にできそうな本も多いものの、「あれれ?こちらの本と書かれていることが異なるぞ?」とちょっと疑心を持ってしまうような本もあるものですが、良いところも悪いところも一切を勉強していきたいです。私はアベノミクスという言葉で興味を持ち、よく準備をしないまま、株への投資を始めたばかりの初心者です。

はじめはまったく利益が上がらず、赤字で苦しんでいたのですが、このごろは経済が上向きなのか、私がうまくなったのか得をするようにうまくなりました。株を所持する場合、資金に対しての利回りを意識するのではと思います。



銀行に預けたとしても利息が大してつくことのない今では、定期預金や国債、投資信託や債券に比べ、利回りの良いものでなくては投資の意味がありません。きっちりと利回りを意識しながら投資をしていくのが重要なのです。株式を売り、利益となった場合の税金は申告分離課税が原則となるのですが、証券会社にて開設した特定口座での取引の場合は本人の代わりに、その都度、20%の税金を源泉徴収してくれるのです。
確定申告の手間をかけずに済む便利な仕組みですが、損失繰越などをする場合は確定申告は必要なのです。株の新参者が基礎知識習得のためにすべきことは、手始めに株式投資について書かれた本の中で、評判の良い本を5冊以上読まなければならないと思います。


株式投資についての本を五冊くらい読めば、それらの本を読み終えての共通する部分は大事なところだということがわかるからです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000245889/p11658825c.html
つぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
さおりんで米澤
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
大塚るおおよる
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 1
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード