ハナアブのリンゴ・スター日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/yorietrfhsii8fowpngk

寺井で松浦

株の空売りを実際に行っている株式投資初心者は少ないのが現実です。けれども、株式投資をこれから長年にわたって続けていこうと思っているのでしたら、理解しておいたほうがよい技術だと考えます。その理由は、空売りを知るということは買う側の気持ちだけでなく、売る側の気持ちを同時に考えるようになり、行える取引の幅が広がるからです。
私は関心のある会社の株を保持しています。

年間に一度配当が出るのですが、配当金だけでなく優待でその他のものがもらえるのがお目当てです。
中でも好みのメーカーからもらえると、もっとこの会社に頑張って欲しいなという気持ちになります。株に投資をする際は、いくら値動きが激しいとはいえ、少ない出来高の小型株式を売買することはおすすめとは言えません。理由を説明すると、いつも出来高の少ない株式は投資した株式が売却したいタイミングで売却することが難しいからです。信用取引というのは、現物株や現金を担保にして資金以上の取引、空売りが可能なことが大きい特徴です。
特に空売りというのは下落相場では大きな力を発揮し、うまく利用することで上げ相場の際でも下げ相場の際でも儲けとなる武器となるのです。



反面、資金以上の取引は借金同様なので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが大事です。株の初心者の苦手とすることは、ずばり損切りというものです。ついつい上がると信じ、手放さない場合が多いです。または、損したくないと考え、さらに損失を膨らませてしまうケースがあるのです。絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限で済ませるという事も株投資においては、とても大事な事です。



株の素人の方が、では決算書を読んでみようと思っても、書いてある情報がまったく理解できないことでしょう。


でも、心配する必要はありません。株式投資の手法を、短期売買に限定すれば決算書を気にせず利益を出すことができるからです。株式投資には損失が出るおそれがあります。

ですから、株式投資が初めての場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも無難な方法でしょう。



投資信託は資産運用のプロフェッショナルが有望な投資先に大きくバランスよく小さく分けて投資するので、安心できる初心者に最適の運用法のひとつと言えるでしょう。

株式投資の分野では技術的指標を駆使して株の投資を行っている方々が多数存在します。



その結果、株投資のビギナーもテクニカル指標についてはおおまかに書籍などで学んでから株の取引などを始めた方が、勝つ度合いが高くなるでしょう。
株投資をやっている会社員は会社で勤務している時は相場を見ることは不可能ので、基本的にはデイトレードのようなものは不可能です。
ですから、たくさんのサラリーマン投資家の人たちは決算書を思う存分読んで、割安の株を見つけ、投資しているらしいです。



多くの人がそうだと思うのですが、私は株に着手したころ、初心者でチャートの読み方が、把握できませんでした。



現在も完璧にわかるというわけではないのですが、「おそらくこうだろう」という見方があり、それなりに使えていると思います。


それでも、今でもたまに誤ってしまう時もあります。
http://www.22scrubs.com/



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000247972/p11659030c.html
ランチ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
修(おさむ)で安倍
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
うしゆわへサカイ
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 6
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード