ウラナミシジミのしおりん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/deeonic5hdcvtiashcae

馬渡でほんじょ

通販でズワイガニを買う方も多いでしょう。訳あり商品はないか、良く探してくださいね。訳あり商品は、加工用や自宅用だと考えてください。サイズが大きすぎるか小さすぎるものや、食用に差し支えない程度の傷物ですので、自宅で食べる分には問題ないおいしさです。それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。限定品で大量購入できないこともあるようですが、訳あり商品を候補にしていくのが絶対おすすめです。上海ガニの話ですが、蒸しても、小籠包などにしても存在感のある味なので、世界有数のブランドがにです。


上海を中心とした中国近辺のいたるところに生息しています。高級食材の割には、何でも食べるので外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。
上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために上海ガニが輸入されないように制限をかけている国もあります。皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、何といっても焼きがには最高ですよ。殻付きのかになら、一番の調理法です。冷凍のかになら、解凍時に注意してください。水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。
半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

焼きすぎるとぱさぱさになってしまいますよ。
http://www.islandartscedarkey.com/

蟹好きの私には嬉しい季節になりました。無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、北海道に旅行するのが、ここ数年の習慣になっているのです。
私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。
ここは本当にお勧めです。蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を振舞っています。この冬も勿論その店を訪れますよ!通販でかにを注文したいけど、鮮度はどうかと気にする方もいるようです。

つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮な品はないというイメージが先行していました。今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。



流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで新鮮でおいしい品がそろっています。



ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。
どの業者でも鮮度や味に問題がないとは言いがたいので、信頼できるところから買うことが必要です。蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。
そんなあなたへのお勧めは、ポーションタイプの商品です。これは、殻の剥かれた蟹の脚を詰め合わせたセットです。活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、いかんせん、捌くのも殻をむくのも大変ですよね。
どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのがプロも勧める最もお手軽な味わい方です。また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に蟹を堪能することができます。
今後はこれで決まりですね!蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。通販のデメリットは、購入時の事前情報が写真や文章しかないということがまずあるでしょう。

実際のお店であれば、蟹の新鮮さや身の詰まり具合も確認できますし、試食して選ぶこともできます。蟹の茹で方、塩加減などでも味が変わってくるため、好みに合う味付けの店を探すことも出来ます。
しかし、通販ではそれはできません。手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、このような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。



今までにかに通販を利用した方、どこまで加工したものを買うかということで、産地でボイルしたものと、活かにとでフリーズした方もありがちです。


今後、通販のかにで条件を選ぶ余地があるならまずは活かにを探してください。


ほとんどの通販では、活かになら新鮮さやおいしさで勝っています。ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、私達が手をつける間もないまま、一人で片付けてしまうほどです。
私も子供も蟹は嫌いではないですし、できれば家族揃って蟹を味わうことができたらもっといいですよね。


そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、家族で蟹鍋や蟹しゃぶをしたいときにもすぐに使えるので重宝しています。
これなら、子供のために殻を剥いてあげる必要もなく、存分に蟹を味わいつくすことができます。
カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販は年々進歩しています。かにの産地や業者に詳しくない方はどれを選んでいいのかわからず写真を見るだけで時間を費やしてしまうかもしれません。なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも迷っている方、必見ですよ。
安心して買えるような、おいしくてお手頃価格のかにはランキング上位には欠かさずいるのが普通です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000257062/p11658586c.html
ひとり言 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
碧人/ひせわまか
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 6
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード