あつ子のモザイク日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/krewacderqetyoplsroo

シャー・ペイが大家

今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。その購入を肯定しているのにも、それなりの理由があるので、ご説明します。


それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。普通のお店では、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。一方、蟹通販の場合、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、形を気にしない人にとってはこの上なくお得な買い物なのです。現在、ネットには数多くの蟹通販の業者が出店しており、好みに合わせて色々な蟹を取り寄せられるようになっています。


http://www.diveresidence.com/
しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。
購入の前に、既に購入した人の声である「レビュー」を確認して選ぶのをお勧めします。とはいえ、全てのレビューがアテになるわけではありません。

注意点としては、サクラやヤラセに引っかからないようにすることです。


わかりやすいのは、レビューの件数が少ないにもかかわらず、悪い評価がほぼなく、好評価ばかりが不自然なほど多ければ、とりあえずサクラだと思っておけばいいでしょう。


料理に蟹を使うとき、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。



中でも最もポイントとなることは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。一般的に多くなされる方法が早く解凍したいがために、蟹を水中に入れてしまいます。

その方法をとった場合には、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。花咲がには高価なおいしいかにですね。



根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリだったのです。といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにと全く同じ立場で全国に出回っています。
濃厚な身の味わいと食感の良さ、産地が限られて漁獲量も少ないのでブランドがにとして有名なかにの一種です。私にとって年末年始の特別な贅沢、それはかにです。

1年も押し詰まった頃の恒例となっているのが産地からの通販で購入して、色々な食べ方でかにを楽しみます。



ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。毎年もしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、そうそう頻繁に買うようなお手ごろ価格な物でもありませんし、価格と品物がしっかり見合っていて欲しいのは当たり前のことです。そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。かにがたくさん獲れる地域を探すと、北海道もあり、北陸地方もあります。北陸にはかにを堪能できる温泉も多く、有名な観光地の一つが粟津温泉で、かに料理と、温泉を追求して小規模な温泉地ですが、全国から観光客が続々と集まっています。粟津近辺で獲れるかには大ぶりで、身はふっくらして味もジューシーです。旬のかにと温泉を堪能したい方は間違いなく嬉しい体験ができるでしょう。


かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。


多くの方の話では、タラバガニだと顕著な味の差はないと認識されています。その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うという主張をよく耳にします。



そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、ブランドの違いは味の違いで、国内でもそうですから、国産と外国産の違いはかなりのものといえます。



ご馳走の代表格である蟹。蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。それぞれへの好き嫌いは、個人ごとにまちまちなので、蟹通販を利用して蟹を購入するときには、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことを忘れないようにしましょう。蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、タラバガニ、ズワイガニなどです。この二つは私もお勧めです。



購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶのが蟹通販で美味しい蟹を味わうための基本といえます。ご馳走の代表格である蟹。しかし、蟹を美味しく頂くには、調理の手順などにも気を遣う必要があります。



色々な食べ方がありますが、茹でるのは基本なので、正しい蟹の茹で方に精通するのが重要だといえます。では、そのコツとは何か。



それは、鍋のサイズを妥協しないことです。

大きめの鍋を使い、脚の端や胴体がお湯から出ないように気を付けましょう。

そうしたら、蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。詐欺の罠というのは、恐るべき巧妙さで法律や取締りからの抜け道を編み出し続けており、実際に先日危うく騙されかけたのが、かにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。
電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みが法外な請求書つきで届きます。

返品も問い合わせも出来ず、結局はお金を払うしかありません。買いたくない人に売りつけるのとは違いますが、買いたい人がかにを選ぶときに実物よりランクの高い写真を見せておいてまるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。これも立派な詐欺です。美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。



通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000262404/p11766100c.html
想い | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
キーちゃんが斉藤
ドワーフスネークヘッドだけど山下
青文魚の香川
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
しんめすまユウシン
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 30
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード