丸井の津田にゃん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/bqrjeltkimdwncyuonba

国本だけどダイシャクシギ

株式取引には損失の可能性があります。ですから、株式投資が初めての場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも無難だと言えます。投資信託は資産運用のプロフェッショナルがさまざまな優良投資先に広く小さく分けて投資するので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつとされます。



株の収益については、株価の変動で発生した利益と、配当によって会社からもらえる金銭という利益の二通りあります。

株価の変動を読むというのは難しいと思う初心者の方は、安定した株価の一定の配当を毎回支払う会社の株を買うことで、配当によって定期的な収入を目的にするのも良い投資の一つです。



株取引に慣れていないのなら確定申告対策として、源泉徴収ありの特定口座を取引口座にしておくことを推奨します。
面倒な確定申告の作業や調査に費やす時間を短縮して、かわりに、株式投資のための情報を集めることに労力を使うことができるからです。株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けた方が身のためです。仮に、株では空売りして利益を生む手段があります。
空売りというのは、売りから始める信用取引のことです。



空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を出せる可能性があります。
しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分なじんでから行うべきでしょう。



私の持っている株が最近、特に上がったり下がったりとしているので、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を自分の目で判断をし、売買を行っています。


時折失敗して、損してしまうこともありますが、今のところ、プラス収支となっております。プラスのまま売り抜けられたらありがたいです。株の経験が浅い人はどの会社に投資したらいいのかわからないので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで資金を投入します。

経験を積んで、徐々に理解できる銘柄の数を増加させ、自分で上がると思える銘柄を発掘することにつながるのだと思います。株を始めた人から上級の人まで必ず確認しなきゃならない数値が日経平均というものです。日経平均というのは、トヨタやソフトバンク、武田薬品、東レ、京セラ、キャノン、三井不動産など、日本代表の全225社の株価を平均したものをいいます。始めたての人でも毎日のように継続して日経平均を確認していれば、株価の大きなトレンドがつかめるようになってきます。株の購入において、時間を取れることも重要なポイントです。

日本最大の株取引市場である東証が開いている時間は午前9時に始まり午後3時に終えるので、更に良い値段で株を売買するためにはこの時間に、時間を確保できることが望ましいのです。


この点でいうと、主婦の方は、ビギナーであっても有利な立場で株への投資が出来ると言えるでしょう。


http://www.turbomailbonus.com/
株の初心者から投資資金はどれほどで始められるのかと問われたら、私は最低限100万円程度は準備しないと、株の投資を始めることは厳しいと思います。

どうしてかというと、この程度の資金があれば上場されている多数のジャンルの中から気に入った投資する会社を選択することができるからです。上昇や下落の幅を時系列にまとめて確認するものとしてチャートを利用する投資家は少なくありません。



例を挙げると、長く上髭が伸びてきている場合、その株のローソク足はこれから下がるであろうと見て取ることができますし、ローソク足の長さによって売買のタイミングを判断するのに役立ちます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000263105/p11701216c.html
感想 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
そふもやひココナ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 4
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード