パロトキンクルス・マクリカウダのぶっちぃ日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/mbmaaecs9eqndc2yx8fu

福永のめぐさん

蟹の種類の一つである渡り蟹。

日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにする方が多いようですが、パスタや味噌汁の具、また韓国のチゲの具材としてもよく使われます。今では蟹通販の業者はたくさんあります。


購入の際にはたくさんの業者があって迷うかもしれませんが、選び方の基準はどんなものでしょうか。
本当に信用できる業者であれば、蟹の目利きに優れた、経験豊富なスタッフがいて、人任せにすることなく、専門家自らが現地まで買い付けに行き、間違いなくお客様にお喜び頂けるグレードの商品だけを買い付けてきます。


つまり、プロのお墨付きというわけです。そのような目利きのプロを置いている業者を選ぶのが蟹通販を利用するポイントです。

上手く知って活用しましょう。
便利に利用できる蟹通販。しかし気になるのは、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、さらに、多くの方が軽視しがちですが、送料も重要です。


意外と見落として損をすることが多いのです。特に蟹通販の場合、食品以外の普通の通販と違って、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

十分気を付けて見なければなりません。送料無料の業者もあるので、なるべくそういう業者を選びましょう。また、送料無料のところでも、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。


かに食べ放題について、その味を聞いてみると口コミなど見ても、評価は分かれています。産地からの距離や、市場の充実度によって差が出てくるでしょうが、本当にざっくりした評価ですが、専門店の食べ放題ではおおむねかにがおいしいという評判です。

これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は味では所詮専門店に勝てないという方が多数派を占めます。

専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、一度経験すれば、その味がわかるでしょう。現在では、蟹を買うのに専門の店まで出向く必要はありません。



蟹通販を利用してお店で売っているのと変わらない蟹を取り寄せることが可能です。
蟹通販は大変便利なので私もよく利用しています。ですが、便利になった反面、蟹通販の業者もネットで検索すれば沢山出てくるようになったので、良い業者と巡り合うのにもそれなりのコツが必要です。

本当に新鮮な蟹を売っている業者は限られています。

http://xn--vekz40gvobw4cp60bp5to1i.xyz/
「産地直送」を明記している業者に絞って探しましょう。

どの業者から買うかで、蟹通販の全てが決まるといっても過言ではありません。

色々な方から、一番おいしいかにはとしょっちゅう聞かれますが、ズワイガニをおすすめして、はずしたことはありません。
ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。地域の特産品になっており、松葉ガニ、越前ガニといった有名な産地のズワイガニを探せば、高水準のおいしさを味わえます。



お値段高めはご容赦いただいて、ブランド品なら、かに味噌好きの方にも十分応えられます。初めて蟹通販を利用する方や、安心して購入したいという方は、楽天市場を利用すること。



これに尽きると思います。



小さなサイトでは信用できないかもしれないですが、楽天なら、店舗とのやりとりなどに不満を感じたりせず、スムーズに通販を利用できるでしょう。
他のサイトとは違って、楽天市場というのはそのくらい安心感があるのです。

その他のサイトとは比べ物になりません。

楽天市場に出品している業者との取引なら、おかしな業者はいませんから、商品不着などの危険もまず有り得ません。
贅沢品といえば何といっても蟹。私も蟹は大好きで、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、いくつか注意するべきポイントもあります。


通販では色々と確認が大事ですが、中でもどのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。業者に量をゴマカされてからでは遅いです。また、蟹は冷凍で届くので、解凍にも気をつけましょう。生鮮食品の解凍は難しいものです。解凍の際には急がず、十分慎重に行うことが大事です。蟹のうまみは急いで解答すると損なわれてしまうので気をつけましょう。新鮮な蟹が食べたければ北海道や山陰に行かなければならないというイメージがあります。

しかし、蟹通販がメジャーになったので、誰でも手軽に産地直送の新鮮な蟹を味わうことが可能です。



蟹通販ではどんな種類の蟹でもほぼお取り寄せできますが、初めての方は、まずズワイ蟹を試してみてはどうでしょうか。



他の種類の蟹と比べても、ズワイ蟹は特に蟹本来の旨味にすぐれており、蟹の身が持っている「甘み」がたっぷり詰まっています。
ちなみに、蟹は水揚げされた漁場や旬によって味のグレードが左右されるので、無銘の蟹よりもブランド蟹を選ぶことをお勧めします。


有名なかにの産地を考えてみると、国内では北海道になるでしょうか。実は、それには訳があって、国内で毛蟹が水揚げされているのは、北海道に限られるのが現状だからです。それ以外のかにの産地はどこでしょうか。

本土でも色々な種類のかにが水揚げされる場所があることでしょう。

一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取が有名な産地となっています。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000263466/p11701006c.html
ひとり言 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
クロアシアホウドリだけど植竹
マイと若狭
上島がアカハナグマ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
なかまぬさしソウスケ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 27
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード