ローゼンベルグオウゴンオニクのハシケン日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/evwiiburi55cd57ndbgo

平出の蜂谷

1点集中型の投資を実行する方にはさほど必要ありませんが、株や債権、海外投資など色々な投資をする際にはポートフォリオに着眼して投資判断をするべきです。投資で最重要なことはリスク分散型の投資スタイルになりますからポートフォリオによって和が保たれた投資ができているのか、まめに確認作業をすることが大切です。株式投資の初心者から投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聞かれれば、私的には最低100万円位は用意しないと、株式投資を開始することはきついと思います。

どうしてかというと、このくらいのお金があれば上場されている多数の銘柄の中から気に入った投資する会社を選り抜くことができるからです。


株式投資を始める際は、いくら値動きが激しいとはいえ、売買高のほとんどない小型株式を売買することは良いとはいえません。



どうしてかというと、普段から出来高の少ない銘柄は投資した株式を売却したいタイミングで売ることができないからです。株に詳しくないものはその買い方がわかりづらいものです。


証券会社社員から相談相手になってもらったり、株式投資を行っている知り合いに相談するなどして、数式の買い方を指導してもらうと良いでしょう。

また、デモトレードを利用して、学んでみるのも良い方法かもしれません。株をやったことのない方が、決算書をまず読もうと思っても、報告内容がさっぱり理解できないことでしょう。けれども、心配しなくても平気です。株式投資では、短い間の売買に限れば決算書を理解しなくても黒字にできるからです。

皆そうだと考えるのですが、私は株の投資を始めたころ、初心者でチャートの読み方が、把握できませんでした。



依然として完璧にわかるというわけではないのですが、「たぶんこうだろう」といった見方があって、それなりに使えていると思います。

しかし、今でもたまに誤ってしまう時もあります。

株式投資の初心者はどの銘柄に投資したらいいのか迷うので、株式雑誌が取り上げている推奨銘柄の中から上がりそうな銘柄を選んで投資するのがいいかもしれません。
これらを経験して、段々と知っている銘柄の数を多くしていき、自分で良いと思える銘柄を見つけ出すことができるようになるのだと思います。賃金はいつまで経っても上がらないのに政府は物価を上げようと躍起になっているように思います。

物価が高くなったならば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。
銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株投資を行うと良いです。



株を始めることは簡単です。

http://www.intundra.com/

証券会社に口座を作ってみればよいのです。


最近では、ネット証券なんかもありますから、取引もスムーズに行えるようになっています。



株式の取引をしたことがない人にとっては不明なことだらけに見えるのではないでしょうか。どこの証券会社に口座を開設して資金を投資すればいいのかなど、分からないことが多いです。
みんなが儲けたいと思って株投資をスタートするわけですが、一年間の取引で利益を出せる方はわずかしかいないでしょう。

株の空売りを実際にしている株式投資の初心者は少ないでしょう。しかしながら、株式投資を長い間、資産運用のひとつとして続けていこうと意識しているのなら、使えるようにしていおいたほうが良い技術だといえます。その理由は、空売りを知るということは株を買うほうの意識だけでなく、売る側の考え、意識も考えていくようになるので、行うことのできる取引の幅が広がってくれるからです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000265658/p11700863c.html
備忘録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
ショウ@もやいゆも
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 16
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード