ベニシタバの虻ちゃんブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/rrzfatarspwahutescce

木津の福井

手のしびれにもいろいろなパターンがあります。
その中で神経の病気に関連している手のしびれを紹介しましょう。
自分に心当たりがあるなら、早めに病院で診てもらうことをおすすめします。
痛みの表現としてビリビリ、ジンジン、チクチクと言った鋭い痛みを伴っている手の痛みです。
疑われる病気と指定は神経障害性疼痛があります。
疼痛はしびれなどの痛みのことですが、神経の障害に起因する病気を表現しています。
特徴としては神経が通っているところに沿ってしびれを感じる点です。
もちろん、病院できちんと検査をしてもらわなければ明確なことはわかりません。
多くの人が手のしびれぐらいでは病院に行こうとはしません。
その理由を考えてみましょう。
まず、自分の症状をうまく伝えられないことがあります。
病院に行くと何故が手のしびれは解消しているパターンです。
どのような痛みなのかを言葉で表現することが難しいのです。
また、長期間になるとしびれを感じても、鈍感になってしまい、いつ症状が出ていたのか忘れてしまうことも少なくありません。
特に高齢になると自分のことを忘れることが多いでしょう。
神経障害性疼痛であれば、原因となっている神経障害を早めに解消することが重要です。
放置しているだけで改善することはないからです。
手のしびれだけではなく肩や首、腰などが痛むのであれば早めに診察を受けてください。
そのために症状を記録するメモを取ってください。
そのメモを読めばいつしびれていたのかがよくわかります。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000266724/p11717986c.html
食事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ブログイメージ
カズマ@うとほせよ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 7
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード