三角のMooreBLOG

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/chrdcur88id6o8crw50p

麻生が山城

ペット大好きな方、こちらはいかが?
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて歯みがきも気をつけてください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目の問題が起きる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーの発症例も少なくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることができます。それから、治療後には、メンテナンスを定期的に行っていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどんな歯科医にかかるかです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だということを理解してください。手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ再手術を迫られ、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればほとんどの場合、インプラントが優るというべきでしょう。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。インプラントならば、他の人工歯と比べても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはこの治療の良さでもあります。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強度を備えています。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で大して痛くないのが普通です。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によってはだんだん痛くなってくることもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000266751/p11719629c.html
ごはん | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ぱるちゃんと細江
  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
とこさろふノダ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 17
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード