板東のマジさん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/alrvrsc0oactiehehtyt

ベッカム様だけど津村

多くの場合、看護師としてたくさんの経験をしていると昇進し、階級が上がることがあります。
階級として、婦長などはその役職も想像がつきやすいですが、また別に主任などの役職があるのです。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、資格を持った正看護師という地位も上の役職であることは理解できると思います。一般的に役職に就いた人は、給与の面でも優遇されるようになります。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、つまるところ、もしも離職している期間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。
なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。
「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、特に恐れるようなものではないようです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関はいくつか種類があるのですけれど、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。
昨今の看護師不足は社会問題に繋がっています。理由としては、看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。
看護師による医師の補助行為が認められ、看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みをとることが出来ず、疲弊する一方なのです。

あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師を退職する人も珍しくありません。


看護師って医療機関勤務で手堅い仕事な印象ですが、相当、ハードな仕事の割には給与はたいしたことはないです。
http://www.hofest.org/

婦長クラスにまでいったらともかく、大多数の人は大変な割にはいまひとつって感じの額なのです。割に合わない安月給に嫌気がさして退職する看護師も珍しくありません。
看護師の職業は、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。


ですが、昨今の看護師の働き方の実情を鑑みると、もちろん待遇はそれなりですが、なかには夜勤や長時間残業の看護師も多くいるのです。


たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、現実問題として看護師の働き方はどのようなものなのか、分かっておくことが必要でしょう。
看護師になるための手段として、主に学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。
学習内容にそう変わりはありませんが生じる違いとしては、大卒ではキャリアアップにつなげやすいという点と、給料の面で専門卒より優遇されるということです。

他方、専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気になったことがあります。どうやら看護師はタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。

喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。



それから、たまにあるお酒の席などで見られる、看護師たちの酔い方、といいますか、酔態は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。

こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。

ただ、健康には気をつけてほしいです。看護士を募集している求人はいくらでも探せますが、労働条件などが合う求人が見つかる訳ではないのです。



看護師の資格取得者で働ければいいと感じているケースは少ないでしょう。
給料も多めで尚且つ健全な職場環境で、日勤のみのところで仕事をしたいと考えている人の数は多いものです。希望にピッタリの転職をするには、大切なのは情報を多く収集することになります。
ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。

社会が高齢化していることもあり、近年においては一段と病院を利用する必要のある人たちが増えていっています。
なので、病院で勤務する看護師についてもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。
しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000268458/p11766066c.html
仕事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
町支寛二の長浜
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
松尾ゆたわそこい
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 11
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード