ミークス(Miks)だけどエバンズ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/nen1oevsgceoulayvmtr

のりピーでさっちー

家族に言わずに借金をしていたのに、とうとう支払えなくなって、債務の整理をする事にしました。

かなり多額の借金のせいで、もう返済することが無理になったのです。
話を聞いてもらったのは某弁護士事務所でかなりお安く債務整理を実行してくれました。



個人再生には何通りかの不利な条件があります。最も大きいのは費用が高いことで、減額した以上に、弁護士に払う金額が多いなんて事もあります。しかも、この手段は手続きの期間が長くなってしまうので、減額してもらえるまでにかなりの時間がかかることが多いのです。
専業主婦の方にも債務整理というのは選べます。



もちろん、内々に手順をふむこともできるのですが、金額によっては家族と話し合ってみた方がいいです。専業主婦でも返済が困難になれば、弁護士の力によってどうにでもできます。

何社かの金融機関からの借り入れや幾つかのカードローンをしていると月々の返済額がかさんでしまい、経済的な負荷になってしまう場合に債務整理でを行い、ローンをすべてまとめて一元化することで月毎の返済額を相当額減ずることができるという大きな利得があるでしょう。
債務整理をしたら、結婚をする際に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務整理をしないで、多額の借金があるほうがオオゴトです。

債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、マイホームを建てたい場合、債務整理後、7年間は住宅の月賦が組めない事です。


7年以上間をあければ月賦が組めるようになります。借金が全部なくなるのが自己破産制度です。借金に苦しむ方には有難いものですよね。ただし、メリットばかりではありません。



当然、デメリットもあります。車や家といった財産は全部手放してしまわなければいけません。


また、約十年間はブラックリストに載る為、新しく借金は出来なくなります。債務整理には場合によってはデメリットも起こりえます。これを利用するとクレジットカードなども含めて融資を受けることが不可能になります。そのため、融資を受けることができない事態となってしまい、キャッシュだけで買い物をすることになってしまうのです。

これは非常に大変なことです。

私は借金のために差し押さえの可能性がでてきたので財務整理を決意しました。



債務整理をしてみれば借金が大幅に少なくなりますし、差し押さえを免除されるからです。

家からそう遠くない弁護士事務所で相談にのって頂きました。
親切になって相談にのってくれました。過去に債務整理をした情報については、ある程度長期間残ります。
この情報が保持されている期間は、新たに借入をすることができません。情報は何年か経てばいずれ消去されますが、それまでは誰もが見ることができる状態で残ります。借入の整理と一言で言っても様々な種類があるのです。
個人再生とか特定調停、自己破産や過払い金の返済を求めるなど多様です。

http://www.pornbares.com/
どれも特徴が違うので私にはどの選択がベストなのかということはエキスパートに相談して結論づけるのがいいと思われます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000272680/p11788601c.html
覚書 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
みたーんで松橋
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
ユナ@けまえるろろ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 12
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード