羽賀のしもちゃん日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/pum7nnjlimaux6ahfto

ウルフとスチュアート

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。



それは気にしないでください。


MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

http://www.iberlex.net/

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。どうにも入れ歯がしっくりこない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。


チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから上部の義歯になる部分を装着します。
保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを要求する方に向いています。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染の可能性は否定できません。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることがキーポイントの一つです。
感染症対策について、具体的な取り組みをウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。


ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。



抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。
インプラントの特長として、噛んだときに安定しており、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。



だから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。


人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医でないとできないなら、海外に渡ってでも治療を受けることも考えるべきです。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。



患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので安全性を確認しながら治療を受けられます。


一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000274535/p11795234c.html
生活 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
ベニカミキリの五味
  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
優心/よりわくた
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 1 8
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード