神戸初心者ブログ〜神戸てくてく

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/georges-y

「神戸で気軽に伝統芸能(^_^)〜狂言〜忠重十番〜クスクス笑いを呼ぶ間は笑いの原点」

演者の狂言師・義竹忠重の公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。

「狂言を鑑賞する機会はなかなかないm(__)m」ですが、それでも
「学校からの引率m(__)m」や
「伝統芸能フェア」等で、
「鉄板の笑いm(__)m」だけど、その
「伝統芸能というイメージに反した砕けた印象(^_^)」と、
「分かりやすさ(^_^)」で、
「結構笑えました(^_^)」。

その
「縁遠さを縮めるため」、
「時間は短め(^_^;)」ですが、
「手頃な値段で観れる(^_^)」ということで、
「灘区民ホール」で行われる、
「人間国宝の祖父を持つ、義竹忠重による」、
「忠重十番2nd Season 第3回番組」、
「大蔵流狂言」の
「梟(ふくろう)」
「縄綯(なわない)」を観に行ってきました(^_^)。



<ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック
台詞が分かりにくいとこともありますが(^_^;)クスクス笑いを呼ぶ間は笑いの原点(^_^)



場所は、
「都賀川と幹線道路が交差する所」で、最寄りの
「JR 六甲道駅から結構歩きます(^_^;)」。

想定内ですが、観客のほとんどが
「人生の先輩方(^_^;)」で、
「510のキャパ」に
「入りは30%くらい(^_^;)」でしょうか。

「上りのエレベーターは開場時間まで動きません(^_^;)」。

・梟(ふくろう)
どちらかというと、
「クスクス笑い(^_^)」系で、当然
「ネタバレ必至m(__)m」ですし、
「古い言い回しの台詞が分かりにくいところもありました(^_^;)」が、
「話自体はシンプル(^_^)」なもので、その中に、
「笑いにおける'間'の原点を見ることが出来ました(^_^)」。

次の演目の前に
「'今日の狂言小話'が(^_^)」。
「元々分かりやすい話m(__)m」ではありますが、
「現代的ネタを交えながら(^_^)」、
「より分かりやすく(^_^)」、更に
「歴史的背景のご説明も(^_^)」。
「時間が短いため(^_^;)」、
「次の演目についての解説も始まり(^_^;)」、危うく
「浜村淳並にあらすじを話されていました(^_^;)」が、
「ちゃんと結末は残していただきました(^_^)」。

・縄綯(なわない)

「休憩20分を含め1時間半(^_^;)」ではありますが、
「伝統芸能を気軽に楽しめる試み、いいね!(^_^)」
SCN_0002_201309200822113a8.jpg
「次回は本日19時m(__)m」。
SCN_0003_20130920082316efd.jpg



狂言
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10930390c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「人間国宝の祖父を持つ狂言師の7/26(金)公演チケット、ゲッツ!(^_^)7/5(金)必着」

 

応募の詳細についてはこちらをクリックするとご覧いただけます。

なかなか観る機会のない
狂言」。学生時代や
伝統文化体験フェア」
鑑賞した時の様子はこちらをクリックするとご覧いただけます
さわってみよう能の世界」では観たことがありますが、
鑑賞した時の様子はこちらをクリックするとご覧いただけます
鉄板ですが
結構笑える

当たらなくても(^_^;)この値段(1200円)なら観たいかも


台詞を愉しむ『忠重十番』2nd season〜善竹忠重による珠玉の狂言10作品〜
チケットプレゼント!

開催日時:7月26日(土)19:00〜
開催会場:灘区民ホール
当選者数:ペア5組
応募締切:7月5日(金)必着

演目:
「痿痢(しびり)」
「無布施経(ふせないきょう)」

応募方法:はがきにプレゼント番号(21)、
イベント名(台詞を愉しむ「忠重十番』2nd season)、
郵便番号、住所、名前、年齢、電話番号、
プレゼントを提供する「KOBE C情報プレゼント係」への感想・意見を記入の上、
〒650-0024 神戸市中央区海岸通8番神港ビルヂング5F
株式会社イディー 「KOBE C情報プレゼント係」
へお送りください。



神戸の舞台鑑賞券プレゼント
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10890183c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続「さわってみよう能の世界〜住宅街の中の本格的舞台にビックリ!上田観正会能楽堂」

先日も

lexperience-de-la-culture-traditionnele_20120304200247.jpg

に訪れ、ますます興味津々の
「伝統芸能」。またまた
「能・狂言」
「無料」で観れるということで(^_^)申し込んだら招待券が届いたので、
「長田区」にある
「上田観正会能楽堂」にて
「さわってみよう界」を観に行ってきました。
「上田能楽堂」のHPはこちらをクリックするとご覧いただけます。



<ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
1.住宅街の中の本格的舞台にビックリ!ワークショップの長さに二度ビックリ(^_^;)
2.わかりやすい「狂言」に子供達もワハハ!抽象的な「能」に大人達もZZZ・・・(^_^)


 

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「ワークショップ」までは前の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↙

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10631684c.html

 

ようやく
「本番」も(^_^;)ここからは
「著作権・肖像権」により
「撮影禁止(-_-;)」更に
「待ちくたびれて(-_-;)」気が付けば少し
「ウトウト(^_^;)」。いっしょに行ってた
「ツレ」
「ウトウト(^_^;)」。周りの
「子供」
「大人」
「ウトウト(^_^;)」

それでも
「狂言」
「古典的コント(^_^)」ではあるので、
「分かり易く」
「子供たちも大喜び(^_^)」
「お題」
「蟹山伏」
*蟹山伏:蟹の精に出くわした山伏たちが、打ちかかった蟹に逆に耳を挟まれる

また
「能」
「平清盛便乗企画(^_^)」
「半能 敦盛」
*半能 敦盛:半能とは、一曲の能を後半に焦点をあて、前半を大幅に略して演じる形態。
一の谷の合戦で年端も行かない平敦盛(清盛の甥)を討ち取った源氏の武将・
熊谷次郎直実は、あまりの痛々しさに出家して蓮生と名乗り、敦盛を弔うために再び
一の谷を訪れるが、そこで敦盛の化身と思われる男に出会う。

「敦盛の逸話」は知っていましたが、
「半能 敦盛」
「→その後」を描いていたのは、
「ネット検索」でわかりました(^_^;)あまりに
「抽象的」な演舞だったもので(^_^;)。でも
「能面」をしていた
「主役」(専門用語では『シテ』というそうです)が何と
「大きく見える」ことか!(・・;)
「ウトウト」していたのも相まって(^_^;)
「二度ビックリ(^_^)」

「ワークショップの時間の長さ(^_^;)」
「能の難解さ(・・;)」等はありましたが、非常に
「貴重な体験」ができました(^_^)



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10631689c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

あれ〜!こんな近くに能楽堂があったんですね!
「羽衣」とか「土蜘蛛」とか見てみたい!
チェックしてみま〜す!

[ -- ] 2012/04/24 9:18:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

tiritumoさんへ

>「羽衣」とか「土蜘蛛」とか見てみたい!
調べましたよ、
「羽衣」と
「土蜘蛛」(^_^;)
よくご存じなんですね(^_^)
私は
「演目」すら知りませんでしたが(^_^;)それでも
「興味深い」ものでした(^_^)

現在予定されているのは、基本
「有料」ですが、
「夏」頃にまた
「無料」イベントをされるようなこともおっしゃっていたので、
チェックしてみてはいかがでしょう?(^_^)

[ ジョルジュ・イグレック ] 2012/04/24 14:48:39 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「さわってみよう能の世界〜住宅街の中の本格的舞台にビックリ!〜上田観正会能楽堂」

 


先日も

lexperience-de-la-culture-traditionnele_20120304200247.jpg

に訪れ、ますます興味津々の
「伝統芸能」。またまた
「能・狂言」
「無料」で観れるということで(^_^)申し込んだら招待券が届いたので、
「長田区」にある
「上田観正会能楽堂」にて
「さわってみよう界」を観に行ってきました。
「上田能楽堂」のHPはこちらをクリックするとご覧いただけます。



<ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
1.住宅街の中の本格的舞台にビックリ!ワークショップの長さに二度ビックリ(^_^;)
2.わかりやすい「狂言」に子供達もワハハ!抽象的な「能」に大人達もZZZ・・・(^_^)



「長田神社」向かい道路を挟んで少し奥にある
「上田観正会能楽堂」。外から観ると
「普通の一軒家(上田家)」にしか見えません(^_^;)
「能初心者」の私にも分かり易そうな、
esseyez-detudier-le-no-et-le-kyogen.jpg
なる
「ガイド冊子」をいただきました(^_^)
「ふむふむ(^_^)」
「無断での複写・転載等は固くお断りします」ということなので(^_^;)
「細かい内容」はお伝えできませんがm(__)m

「歴史」
「登場人物」
「流派」
「見方」
「囃子の楽器紹介」
「舞台」等の

「説明」が書かれていました(^_^)
「ふむふむ(^_^)」
「現在」でも使われる
「言葉」の中にも、
「能楽」から来たものがあるんですね(^_^)いろいろ
「勉強」になります(^_^)

「→中」に入るとご覧の通り。

le-theatre-du-no.jpg

 

めっちゃ
「本格的!(・・;)」まさか
「住宅街の中」にこのような
「能楽堂」があろうとは!こちらでも既に
「50年!(・・;)」とのこと。そして
「関係者の方々のご挨拶m(__)m」ののち、まずは
「♪囃子の楽器説明」から。
la-musique-du-no.jpg
私は既に
「伝統文化体験フェア」で勉強済(エッヘン(^_^))
「伝統文化体験フェア」の模様はこちらをクリックするとご覧いただけます。
「♪一曲ご披露」ののち、いよいよ・・・と思いきやここでまさかの
「ワークショップ」とのこと(^_^;)
「子供限定」
「能楽体験」が始まりました。
「大人」
「発声」
「体験」をさせられましたが(^_^;)
「ハッ!(^_^)」
何とこの
「ワークショップ」
「約2時間」・・・来るの、それが終わってからがよかったかも(^_^;)

workshop.jpg

プライバシーに配慮して「能面」させていただきました(^_^)
workshop1.jpg
「♪敦盛の〜お」と繰り返していました(^_^)
workshop4.jpg
「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

続きは次の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10631689c.html



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10631684c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

伝統文化体験フェアーから、同じ流れです(^^)

大阪の同じような体験催しも良かったですよ。
大阪は子供に付いて回って、楽屋裏や控え室まで入れました。
その体験の様子を保護者が写真やビデオを撮影する事ができたので皆さん必死でした。私は持っていけば良かったと現地で激しく後悔・・・

息子、発見!写真の中で扇持ってる〜

[ ハッピー狂言 ] 2012/04/24 23:11:50 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「狂言で再び(^_^)伝統文化体験フェア〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」
ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」

「2日間」のうち、「1日目」には行われなかった

「狂言」だけ再び観に行ってきました(^_^)

<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
まさしく「古典ネタ(^_^)」「語り口」の「仰々しさ」が更なる(^_^)を誘発(^_^)

kyogen.jpgkyogen1.jpg
kyogen2.jpgkyogen3.jpg


kyogen4.jpg


kyogen5.jpgkyogen6.jpg



狂言
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611527c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

我が家も、このイベントに親子で行って観てましたよ。
この日から息子の心は狂言に持っていかれたようで、
本人の執念で、狂言のお稽古を付けて頂ける事になりました。
素晴らしい企画だと思います。
こういった催しで刺激され探究心が芽生える子供もいるのだと改めて知る事が出来ました。
畳作りも楽しみながら1時間かかって作っていました。
教えて下さった親切な職人さんには感謝感激です。

[ ハッピー狂言 ] 2012/04/24 16:08:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

ハッピー狂言さんへ

コメントありがとうございますm(__)m

息子さん、将来が楽しみですね(^_^)
学校でも
「ストリート・ダンス」を
「授業」にするより、こういった
「伝統芸能」を教えてほしいものです(^_^;)

[ ジョルジュ・イグレック ] 2012/04/24 20:58:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

こちらこそ、ありがとうございます。

同じ時を過ごしてた方のブログに辿り着けて嬉しかったです。

それからジョルジュさん、私も最近まで知らなかったのですが
神戸の小学6年生は恐らく国語の授業だと思うのですが
狂言を習うそうです。クラスの中だけなのか、どなたかに来て頂いての指導になるのかは定かではありませんがあるそうです。

息子の希望でBGMは、お囃子流れっぱなし〜の毎日♪
(ジャズ好きの私ですが慣れると結構、心地いいかも)

ちょっと勘違いも入って頭の中では能と狂言がミックスになってまーす。

[ ハッピー狂言 ] 2012/04/24 23:00:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続々々々々々「能に和太鼓に日本舞踊に・・・お腹いっぱい(^_^)〜伝統文化体験フェア・ 日本民謡〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」特に
「能楽」
「狂言」などは、たまに
「神社」
「寺」
などで、
「神事」として観ることはできますが、普通に
「鑑賞」しようと思えば
「かなりのお値段」するという印象。そんな
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」
ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」に行ってきました。



<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
1.体験コーナー大盛況!紙芝居に子供達歓声!歌舞伎化粧は親が無理やり?(^_^;)
2.なかなか観る機会のない能楽に興味津々!筝曲はジャズ並みに長かったけど(^_^;)

 

 


「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「展示&体験ブース」

「ワークショップ」

「能」

「筝曲」

「和太鼓」

「日本舞踊」

「民族芸能」については前の日記にてm(__)m↑

 

続いて
「♪日本民謡」が歌われましたが、さすがに
「お腹いっぱい」になりました(^_^;)

「もちつき体験」までもが
「伝統文化」に入れられているのには
「違和感(-_-;)」がありましたが、
「平成生まれ」の方にとっては、
「伝統的」なことなのかもしれませんね(^_^;)でも
「丸一日、日本の伝統」ってのもたまにはいいかも。

最後は、またまた
habatan (4)
「はばタン」
「お見送り(^_^)」

 

またまた

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「次の日」に行われた

「狂言」は次の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611527c.html

 



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611506c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続々々々々「能に和太鼓に日本舞踊に・・・お腹いっぱい(^_^)〜伝統文化体験フェア・民俗芸能〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」特に
「能楽」
「狂言」などは、たまに
「神社」
「寺」
などで、
「神事」として観ることはできますが、普通に
「鑑賞」しようと思えば
「かなりのお値段」するという印象。そんな
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」
ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」に行ってきました。



<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
1.体験コーナー大盛況!紙芝居に子供達歓声!歌舞伎化粧は親が無理やり?(^_^;)
2.なかなか観る機会のない能楽に興味津々!筝曲はジャズ並みに長かったけど(^_^;)

 

 


「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「展示&体験ブース」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611321c.html

「ワークショップ」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611328c.html

「能」

「筝曲」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611346c.html

「和太鼓」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611442c.html

「日本舞踊」については前の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↙

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611483c.html

 

その後

「♪赤穂浜鋤き唄」なる、
「塩田作業」
「再現」した
「踊り?(^_^)」と、
「休憩時」の歌が披露され、
「作業」で出来た
「塩」をいただきました(うそ(^_^))
la-chanson-de-la-beche.jpg

またまた

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

続きは次の日記にてm(__)m↓



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611496c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続々々々「能に和太鼓に日本舞踊に・・・お腹いっぱい(^_^)〜伝統文化体験フェア日本舞踊〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」特に
「能楽」
「狂言」などは、たまに
「神社」
「寺」
などで、
「神事」として観ることはできますが、普通に
「鑑賞」しようと思えば
「かなりのお値段」するという印象。そんな
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」
ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」に行ってきました。



<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
1.体験コーナー大盛況!紙芝居に子供達歓声!歌舞伎化粧は親が無理やり?(^_^;)
2.なかなか観る機会のない能楽に興味津々!筝曲はジャズ並みに長かったけど(^_^;)

 

 


「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「展示&体験ブース」

「ワークショップ」

「能」

「筝曲」

「和太鼓」については前の日記にてm(__)m↑

 

「日本舞踊」では
「雅」な演舞の後、
la-danse-japonaise (3)la-danse-japonaise4.jpg
la-danse-japonaise5.jpgla-danse-japonaise6.jpg
皆さんで
「ジュリアナ扇子」を(^_^)
la-danse-japonaise7.jpg


「その場」
「ワークショップ」が始まりました(^_^)皆さん、意外と
「素直に」やっておられましたよ(^_^)
la-danse-japonaise (4)la-danse-japonaise9.jpg
la-danse-japonaise10.jpgla-danse-japonaise11.jpg

またまた

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

続きは次の日記にてm(__)m↓



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611483c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続々々「能に和太鼓に日本舞踊に・・・お腹いっぱい(^_^)〜伝統文化体験フェア・和太鼓〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」。特に
「能楽」
「狂言」などは、たまに
「神社」
「寺」
などで、
「神事」として観ることはできますが、普通に
「鑑賞」しようと思えば
「かなりのお値段」するという印象。そんな
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」
ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」に行ってきました。



<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
1.体験コーナー大盛況!紙芝居に子供達歓声!歌舞伎化粧は親が無理やり?(^_^;)
2.なかなか観る機会のない能楽に興味津々!筝曲はジャズ並みに長かったけど(^_^;)

 

 


「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「展示&体験ブース」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611321c.html

「ワークショップ」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611328c.html

「能」

「筝曲」

「実演」については前の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↙

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611346c.html

 

続いての
「♪和太鼓」
「定番」ながら、やはり
「血が騒ぐ」って感じですね(何の血?(^_^))

des-tambour-japonais1_20120319203424.jpg
des-tambour-japonais2.jpgdes-tambour-japonais3.jpg

またまた

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

続きは次の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611483c.html

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611496c.html

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611506c.html

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611527c.html



和太鼓
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611442c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

続々「能に和太鼓に日本舞踊に・・・お腹いっぱい(^_^)〜伝統文化体験フェア・能楽・筝曲〜兵庫県会館」

「兵庫県」のHPにて詳細をご確認いただけます。

こちらをクリックするとご覧いただけます。

「興味」はあっても、なかなか触れる機会のない
「伝統芸能」。特に
「能楽」
「狂言」などは、たまに
「神社」
「寺」などで、
「神事」として観ることはできますが、普通に
「鑑賞」しようと思えば
「かなりのお値段」するという印象。そんな
「伝統芸能」
「無料(^_^)」
「一度に」
「観る」ことができる上、
「体験」もできるという、
「伝統文化体験フェア」に行ってきました。



<ジョルジュの訪問目線>

ココお気に入り♡
1.体験コーナー大盛況!紙芝居に子供達歓声!歌舞伎化粧は親が無理やり?(^_^;)
2.なかなか観る機会のない能楽に興味津々!筝曲はジャズ並みに長かったけど(^_^;)


 

 

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

「展示&体験ブース」については前の日記のURLにてm(__)m↓

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611321c.html

「ワークショップ」については前の日記のURLにてご覧下さいm(__)m↙

http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611328c.html

 

私は
「体験」
「遠慮」させていただいてm(__)m
「パフォーマンス・スペース」へ。まずは
「一番」観たかった
「能楽(^_^)」


「ステージ」思ってた以上に
「小っちゃっ!(^_^;)」おまけに
「観客席」
「↓地べた」です(^_^;)
「冷たい(^_^;)」のと、写真の
「アングル」もあって
「立って(^_^;)」の観賞。
lescalier.jpg
最初に
「舞抜き」
「♪演奏」があり、
les-instruments.jpg
「♪楽器」の説明があった後、
「舞囃子」という、いわゆる
「ダイジェスト版」の実演が。なかなかの迫力でした。特に
「♪笛」の演奏は、結構
「♪ファンキー(^_^)」ただ
「舞」
「顔出し」でしたけど(能面なし(^_^;))
noh2.jpg

続いて
「♪筝曲」の演奏。
「動きがない」のはしょうがないとして、
「曲長っ!(^_^;)」
「♪ジャズ」

「♪プログレ」並みで、
「終わった〜」と思ったら、また続いて(^_^;)切れ目なく
「20分(^_^;)」
「今後」

「観賞」したり、
「習ったり」してもらうのが目的だと思うので、もう少し
「♪選曲」は考えた方がいいと思いますよ(^_^;)
koto (2)

またまた

「容量」がいっぱいになってしまったので(^_^;)

続きは次の日記にてm(__)m↓



伝統文化
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p10611346c.html
イベント(伝統文化) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  
このブログトップページへ
ジョルジュ・イグレックイメージ
ジョルジュ・イグレック
プロフィール公開中 プロフィール
1991年から神戸に住んでいますが、
地元のこと、知らな過ぎm(__)m。
平日はランチと映画、
土日祝はイベントに出掛けて
「地元のお気に入り」を探索中。
クリエイターの方に敬意を払いつつ、
感じたことは素直に書いています。
多少でも参考になれば幸いです。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 94 1729865
コメント 0 705
お気に入り 0 13

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク