神戸初心者ブログ〜神戸てくてく

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/georges-y

「昨日オープン、国道28号線・有馬道交差点北西のcafe(^_^)〜koti〜オリジナル ブレンド」

←2017/1/25よりグルメネタをアメーバ公式ブログに移設💻、
💻アメーバ公式ブログの記事は転載が出来ないためm(__)m、
↑上のタイトルのブログはこちらをクリックしてご覧下さい。



神戸の新グルメ2018
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11706686c.html
スポット(グルメ) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「イオンモール神戸南1F肉ダイニング(^_^)〜こう〜ステーキランチ〜レバー風味のソース」

←2017/1/25よりグルメネタをアメーバ公式ブログに移設💻、
💻アメーバ公式ブログの記事は転載が出来ないためm(__)m、
↑上のタイトルのブログはこちらをクリックしてご覧下さい。



神戸の新グルメ2017
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11706555c.html
スポット(グルメ) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今週の映画「極端に少ないぼくとつなセリフで語る欧州の難民問題(-_-;)〜希望のかなた」

the-other-side-of-hope.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥元町映画館にて上映中。
上映スケジュールは劇場名をクリックするとご確認いただけます。

<📖ストーリー>

フィンランドで難民申請したシリアから逃れた青年カーリドの
唯一の望みが妹の明るい未来なのだが、
ハンガリーの国境で混乱に巻き込まれ、はぐれてしまった。
フィンランド解放軍なる男たちに暴行を受けたカーリドは、
店の敷地で寝ているのをオーナーに見つかり殴り合いに。
しかし腹を空かせた彼に、オーナーは食事を与え、
雇うことにし、妹を呼び寄せる手伝いまでし始め…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
極端に少ないぼくとつなセリフで語られる
欧州の難民と手を差し伸べる者と排除する者(-_-;)



監督を得意の極端に少ないぼくとつなセリフと沈黙(^_^)

で描かれるのは、
シリア難民問題(-_-;)。なので
いつものククク笑いも控えめ(^_^;)で、更に
シリア青年とレストランオーナーのストーリーは
しばらくは別々に進行(^_^;)。

交わってからは急展開を見せるも(^_^;)、
ラストに希望のかなたが見えたのかは不明m(__)m



神戸公開中の映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11706386c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今週の映画「実話に基づき事態が刻々と深刻化していく様を丹念に追う(゚Д゚;)〜デトロイト」

detroit_201802020136370d1.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥OSシネマズミント神戸にて上映中。
上映スケジュールは劇場名をクリックするとご確認いただけます。

<📖ストーリー>

デトロイトで暴動が起こり、更にその最中、
モーテルに泊っていた黒人がいたずら半分で
レース用のピストルを撃つが地元警察、州兵、陸軍が
彼らに向けた発砲と勘違いし、モーテルに向けて一斉発砲。
泊まっていた黒人は白人警官により厳しい取り調べを受け…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココチェック↓
事態が刻々と深刻化していく様を丹念に追った実話(゚Д゚;)
差別の現場は差別された側にしかわからないのか?(-_-;)



1967年に起こったデトロイトの暴動の中で
起こった黒人殺人事件を基にした作品(゚Д゚;)。
その最中に起こる警官への発砲との勘違い(・_・;)
から
黒人青年の殺人に至るまで(゚Д゚;)
丹念に追った演出(・_・;)
事態が刻々と深刻化していく様が感じられました(・・;)

一方、
1967年という時代性、
関係者以外にとっては密室状態で起こった上(・・;)、
多くの白人関係者が口をつぐみ(・・;)、
陪審員も白人だけでは(・・;)
あまりに黒人に不利(・・;)ではありますが、
事件の真相は不明のまま(-_-;)ですし、
レース用ピストルも見つからず(・_・;)、
映画も関係者の証言に基づいているそう(^_^;)
で、
一方的な視点では見れないと感じましたm(__)m。何より
あの場にいた真実を知っていた黒人が
なぜそれを口にしなかったのは疑問(^_^;)

(口にしても白人警官の横暴はあったかもしれませんが、
あそこまでエスカレートしなかったのでは?
それも差別されていない者の論理?m(__)m)



神戸公開中の映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11706381c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

今週の映画「憎しみに囚われた人の心はやがて溶けていくのか?(-_-;)スリー・ビルボード」

three-billbosrds_20180202010929600.jpg
💻公式サイトはこちらをクリックするとご覧いただけます。
🎥OSシネマズミント神戸にて上映中。
上映スケジュールは劇場名をクリックするとご確認いただけます。

<📖ストーリー>

娘が殺されて7ヶ月、犯人は捕まらない。
母親のミルドレッドは道路沿いの3枚の看板を買い、
警察署長ウィロビーへの怒りのメッセージを発表する。
その日から警察とミルドレッドの衝突は激化し…



<🎥ジョルジュの鑑賞目線>

ココお薦め↓
憎しみに囚われた人の心はやがて溶けていくのか?(-_-;)
俳優たちの演技や秀逸なセリフが答え(^_^)



主役のフランシス・マクドーマンドの演技が素晴らしい!(^_^)
怒り、憎しみ、後悔で強固になった意志(-_-;)

皮肉なユーモアを持つ(^_^)、
犯罪被害者の母親を好演(^_^)
。また
悪役のイメージしかないm(__)m、
ウディ・ハレルソンがいい味出しています(^_^)。

憎しみに囚われた人々の心はやがて溶けていくのか?(-_-;)

という問いに
俳優たちの演技に加え(^_^)、
秀逸なセリフが答えてくれました(^_^)


ジョルデミー賞作品賞最有力候補🏆。(早っ!m(__)m)



神戸公開中の映画
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000040931/p11706378c.html
映画 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

このブログトップページへ
ジョルジュ・イグレックイメージ
ジョルジュ・イグレック
プロフィール公開中 プロフィール
1991年から神戸に住んでいますが、
地元のこと、知らな過ぎm(__)m。
平日はランチと映画、
土日祝はイベントに出掛けて
「地元のお気に入り」を探索中。
クリエイターの方に敬意を払いつつ、
感じたことは素直に書いています。
多少でも参考になれば幸いです。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 76 1780336
コメント 0 710
お気に入り 0 13

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク