majakka(マヤッカ)のオーダー家具 (2012〜2017)

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/majakka

家具ブログサイト移行のお知らせ

2018年より、majakkaの家具ブログを下記サイトへ移行いたしました。

 

【 majakka (マヤッカ) の 家具ブログ (2018年〜) 】

 

 

引き続き新たなサイトで、よろしくお願いいたします。

 

 

========================================================================

神戸・須磨 の 工房&shop 

majakka(マヤッカ) 「 家具+額縁 」


お店の詳しいご案内は

「majakka ホームページ」 

オーダー家具についてなどのお問い合わせは

「お問い合わせページ」 または TEL/FAX: 078-737-0172

=========================================================================


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11700130c.html
家具 トラックバック( 0)

下駄箱 --majakka--

 

下駄箱を、神戸市須磨区のM様に納品いたしました。

 


これまで玄関付近の廊下で、長く使い続けていた飾り棚&収納棚を、リメイクのようなイメージ、

 

雰囲気を紡いだ形で、下駄箱として新たにオーダーメイド作りたいという、ご依頼。


 

 

基本的な使い方・形はこれまでの棚と同じようにして、majakkaの考える形で。

 

玄関脇にぴったりと収まり、玄関をできるだけ広く使えるようなサイズに。

 

これまでの棚で使っていた部材を、思い出またアクセントとして、新たな棚につけ加えてほしい。

 

というご要望。

 

 


全体のサイズは、玄関の段差、壁との兼ね合いを考えた脚の高さや幅で設計。

 

上部の棚は、これまで飾っていたものを並べるということで、高さを同様にし、

 

引出しなど細かな形を,、以前のものと雰囲気を似せながら、柱と取手を移設。

 

 

 

 

下の収納部分は、これまでの棚より幅が狭くなる上での靴の出し入れを考慮し、

 

また奥行きを出さないように考え、以前のように引き戸ではなく、開き戸をご提案。

 

内部の棚の仕切り方は、靴のサイズを考え、またお客様の靴以外の収納にあわせて、

 

お客様と一緒に決めていきました。

 

 


 

 

引き継がれた部材が組み込まれ、以前のカタチの名残を残して新しく出来上った下駄箱。

 

新旧が合わさった形で、玄関スペースの凹みとなる部分にぴったりと収まりました。

 

 

 

暮らしを重ねていく中で、場所の使い方、過ごし方が変わることによって、

 

長く使っていた家具でも、ある部分で用途、場所に相応しくなくなることがある。

 

そんな時、使いやすかった機能やサイズ感、愛着ある形・雰囲気を上手に組み入れて、

 

スペース・使い方に応じた家具を、オーダーメイドで新たに作る。

 

一から考え作るというより、ご自身の暮らしの中で使われてきた家具の進化版を作るというように。

 

こしうして作られ暮らしに合わせ改められた家具は、今・これからの暮らしにより心地よく馴染んでいくことでしょう。

 


 

 

 

[  下駄箱 ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 78×35×133 (cm) 

 ・ 196,000 円 (参考価格)

 

========================================================================

神戸・須磨 の 工房&shop 

majakka(マヤッカ) 「 家具+額縁 」


お店の詳しいご案内は

「majakka ホームページ」 

オーダー家具についてなどのお問い合わせは

「お問い合わせページ」 または TEL/FAX: 078-737-0172

=========================================================================



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11691252c.html
家具 トラックバック( 0)

本棚 --majakka--

 

 

本棚を、神戸市須磨区T様へ納品いたしました。

 

 

今は、小さなお子様のための、収納棚として、

 

後に子どもが学校に通う頃には、教科書などを並べて使える本棚を、とご依頼されました。

 

本棚として使う頃には、子ども部屋に移動させ、机と共に並べることを考えられており、

 

その子ども部屋の限られたスペースにうまくおさまるよう、

 

サイズにこだわり、シンプルな形をご要望されました。

 


特に、高さは窓枠があるため、その枠の下におさまるように。

 

かつ、できるだけ本が多く並べられるよう、各段の高さを変えて設計しました。

 

 

最低限のダボ穴を設け、上段は棚板の高さが変えられるようになっております。

 

 

子ども部屋に置く際、壁に沿わして置けるよう、壁の巾木を考慮した欠きとり部分を設け、

 

表面に塗るオイルは、部屋の色味のバランスを考え赤茶色を選んでいただきました。

 

色味を加えることで木目も引き立ち、色と木目が相まって個性的な木の表情になりました。

 

 

 

 

 

 

しばらくは、散らかしたままになりやすいオモチャ類を片付ける場所として使われるそうです。

 

整理しながら、上手に並べることによって飾ることも楽しめる棚となりそうです。

 


 

 

 

 

お子様の成長に応じて、必要な家具を少しずつ加え、子ども部屋を整えていきたい、というお客様。

 

少し先を見据えながら、部屋の空間を活かし、また子どもにとって使い勝手良くなるように家具を考える。

 

既製品でそろえるのとは違って、どういう形がいいのか、子供の様子や状況に応じた発想で構想を練り作る。

 

その時々のアイデアが組み合わさり、出来上がっていく空間、部屋は、

 

個性的で唯一のものとなり親から子への特別なプレゼントとなるのでしょう。

 

 

 

無垢の木で作られるシンプルな本棚。

 

シンプルだからこそ長く使い続け、無垢の木ならではの経年変化やキズが味となることを愉しむ。

 

ゆっくりと家具を作りそろえて、長く使う。

 

そんな家具をお子様がどのように使いこなし成長していくかも、楽しみですね。

 

 

 

 

 

 


[  本棚 ]

 

 ・ タモ 

 ・ レッドブラウンオイル仕上げ

 ・ 80×30×88 (cm) 

 ・ 77,000 円 (参考価格)

 

========================================================================

神戸・須磨 の 工房&shop 

majakka(マヤッカ) 「 家具+額縁 」


お店の詳しいご案内は

「majakka ホームページ」 

オーダー家具についてなどのお問い合わせは

「お問い合わせページ」 または TEL/FAX: 078-737-0172

=========================================================================

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11672560c.html
家具 トラックバック( 0)

カウンター下収納棚 --majakka--

 

カウンター下収納棚を神戸市須磨区のお客様へ納品いたしました。


 

 

キッチンカウンターの下の空いたスペースを活かして、

 

主に、CDなどを収めるための棚を作りたい、というご依頼。

 

ご要望としまして、

 

・白い壁に合せて、できるだけ白く、壁と一体感があるように。

 

・扉を含め、無垢材で作ってほしい。

 

・コーナー部はカウンター天板に合せて、丸みをつけた棚をつけたい。


 

 

 

最初に、どのような木材を使うか検討しました。

 

木の素材感、表情は活かしながら、白っぽく、淡い木目がご希望ということで

 

ポプラ材をホワイト色オイルで仕上げることをご提案。

 

板サンプルを見てもらい、他の樹種とも比較した中で決めていただきました。

 

 

 

 

ご自宅へ採寸に伺いし、巾木やコンセントを考慮しながら、

 

また奥行きスペースがあまりないため、カウンター天板端にギリギリに

 

本体奥行きを設計していきました。

 

扉は、鏡板も無垢材で製作し、取っ手は凹凸をつけずに、押して開閉する仕様。

 

 

 

 

コーナーは、天板の丸みに合わせた飾り棚として、

 

天板との調和、また収納全体のアクセントにもなっています。

 

 

 

 

 

 

 

上手く使えないかと、考えたくなるカウンター下の空間。

 

収納する物を選ぶことで、わずかな奥行きでも収納量を増やし、活かすことができました。


 

また、棚を無垢材で作ることに、こだわられたお客様。

 

お客様自身で、この室内の壁を珪藻土で塗って仕上げられており、

 

自然の素材を使うことを大切にされているご様子。

 

これらの素材のもつ調湿作用や、見た目に馴染むゆらぎのある表情などが、

 

空間の心地よさ、落ち着きを作る一つの要素になるでしょう。

 

普段の暮らしのどこかに、こうした素材が活かされた場があることで、

 

お家に帰って寛ぐことを、自然と愉しめる。

 

そんな日常が過ごせるのも好いものですね。

 

 

 

 

 

 

 

[  カウンター下収納棚 ]

 

 ・ ポプラ 

 ・ ホワイトオイル仕上げ

 ・ 255×17×89 (cm) 

 

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11665945c.html
家具 トラックバック( 0)

小座卓 --majakka--

 

大阪府高槻市のY様へ、小座卓を納品いたしました。

 


来客時に和室で使える、小さめの座卓がほしいというご依頼。

 

これまでにいくつか製作した小座卓の中から、こちらのタイプを選んでいただき

 

同じ形で、お客様のご希望に合うサイズで設計しました。

 

大きさは、他の部屋で使っている大きな座卓のエキストラテーブルとしても使えるように、

 

その座卓の高さ、奥行に合わせてほしいというご要望でした。

 

このサイズに似合うように、脚の太さなど部材のサイズバランスを調整し、製作していきました。

 

 

 

 

 

 

 

こちらの座卓は、天板・幕板・脚が一体となったような形で、凹凸感がなくスッキリとした印象。

 

また天板と脚の角の丸みが、柔らかく穏やかな雰囲気を感じさせてくれます。

 

この形に、お客様の選ばれた落ち着きある茶色のオイルを塗り、完成となりました。

 

 

 

 

 

 

 

上品にしつらえられた空間に、小さな座卓が加わることで、

 

台として機能的に使えるだけでなく、部屋の雰囲気をより引き立ててくれるようでした。

 

 

来客があった際に、この和室が使いやすくなるわと喜ばれたお客様。

 

この場所で、来客された方とお茶をのみながら、和やかな時間をすごす。

 

こうした日常の中の愉しみ方が、また一つ増えると嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

[  小座卓 ]

 

 ・ タモ 

 ・ ブラウンオイル仕上げ

 ・ 82×50×35 (cm) 

 ・ 78,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 


 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11660648c.html
家具 トラックバック( 0)

テーブル台(イス付) --majakka--

 

 

神戸市長田区のT様へ、テーブル台を納品いたしました。

 

以前製作したテーブル台を参考にされ、同じようなサイズで美顔器をのせられる台に、

 

化粧品を入れる引出しを付けたものを作ってほしい、というご依頼。

 


ご要望としまして、

 

 ・美顔器が置けて、出来るだけコンパクトなサイズ

 

 ・引出しは、高さのある化粧品が入るように

 

 ・台の下には、使っているカゴが置けるスペースを空けておきたい

 

 ・可能なら、台におさまる椅子がほしい


 

このようなご希望に沿って、提案図面を作り、その図面を基にメール等でやりとりを重ねながら、

 

サイズの調整、使い勝手にあわせた仕様を検討していきまいた。


 

天板の奥行きは、最小限に。

 

幅は、座ったときに足がテーブル下に入るよう考慮したサイズ。

 

 

 

  

 

イスは、カゴの納まる幅、美顔器が使いやすい高さに。

 

また、台と一緒に運べるようにしたい、ということで、

 

普段は、床を滑らせ出し入れでき、運ぶときは浮かせてしまえる構造としました。

 

 

 

引き出しは、使われている化粧品の高さに合わせて、また椅子が納まるように。

 

 

重さのある美顔器をのせ、イスを収めて、キャスターで移動させることを考えながら

 

丈夫な構造になるよう製作していきました。

 

 


 

使いやすく、納まりの良いしっくりとくる場所が見つからずいた時、

 

ホームページに載っていた美顔器が置かれた台をみられ、これは良いとご相談されたお客様。

 

この以前の作例を基に、引出しをつけることは可能なのかな、など考えられ、

 

また、お話をする中で、イスの使い方のアイデアが浮かび、

 

お客様の使い勝手により合うように作られた台となりました。

 

 

 

オーダーで作るとなると、一から考えていかなくてはと、大変に思うかもしれませんが、

 

在る形を基にアレンジすることで作るオーダー家具は、使い方・形などイメージし易く、

 

お客様ご自身にとっての必要な要素を加えることができるでしょう。

 

これまでの作例を基に、「こんな家具を作ると自分の暮らし方に合うのでは!」

 

と、イメージを膨らませてみてはいかがですか。

 

 

 

 

 

[  テーブル台(イス付) ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 55×41×70 (cm) 

 ・ 110,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 

 


 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11655138c.html
家具 トラックバック( 0)

パソコンボード --majakka--

 

神戸市西区のH様へ、パソコンボードを納品いたしました。

 


テレビボード(前回ブログ)と一体感をもたせながら、並べて置き

 

床座で使えるパソコン台を作りたいというご依頼でした。

 

 

ご要望としまて、

 

  ・床に座って使いやすい高さ

 

  ・プリンターを収納し、出し入れが出来て使い勝手のよい構造

 

  ・天板上には、電話とディスプレイだけを置きたい


 

ご自宅に伺い、これまでのパソコン台の使いかたを見せていただきながら

 

プリンターを収納して、モデムなどを片付け、すっきりとしたパソコン周りに

 

なるよう、形を考えていきました。

 

 

 

プリンター収納は、棚板をスライドさせて出し使えるように。

 

また本体の奥行き出すぎないように、スライドレールを長く引き出せるものを使用。

 

引き出しても傾かないよう棚板の下には、キャスターを取り付けました。


 

 

キーボード用の棚は、引き出して使えるように。

 

 

 

雑然となりやすいモデム、コンセント等が置けるスペースをキーボードの棚の奥に配置し、

 

目立たずに置ける場所を設けました。

 

 

 

こうして、機器類の大きさを考慮しながらも高くなりすぎないよう、

 

使いやすい高さに設計し、製作していきました。

 

 

 

 

 

 

これまでも、テレビ台、パソコン台を並べて使われていましたが、

 

奥行きなどのサイズ感の違い、素材感の違いによって、ばらけた印象でしたが、

 

サイズを揃え、同仕上がりの木の家具に揃えることで統一感、落ち着きが生まれた様子でした。

 

また、使うものの仕舞う場所を作ることで、使いたい時に、すぐ使え、終わると、すぐ片付けられる。

 

そんな一連の流れができ、よりすっきりと過ごせる場になるのではないでしょうか。

 


 

[  パソコンボード ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 110×42×31 (cm) 

 ・ 109,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11649592c.html
家具 トラックバック( 0)

テレビボード --majakka--

 

神戸市西区のH様へ、テレビボードを納品いたしました。

 

テレビの周辺機器類をすっきりと収める、木のシンプルなテレビボードを作りたい。

 

また並列して、パソコンボード(次回のブログにてご紹介)を置きたいというご依頼でした。

 

 

ご要望としまして、

 

 ・以前製作したブラックウォールナットのテレビボードのような形

 

 ・上段は、チューナーやレコーダーなどを置けるように

 

 ・下段は、DVDケースを収納できる引き出しをつけたい

 

 ・床座でテレビが見やすい高さがよい


 

以上を踏まえて採寸を兼ねご自宅にお伺いし、ボードを置くスペースとの兼ね合いや

 

どのような機器類を収めるかなど確認させていただいて、図面を検討していきました。

 

 

 

上段には、デッキ類を置けるように、またテレビを乗せる天板の補強を兼ねて仕切りを一つ加えました。

 

仕切りを一つだけにすることで、幅広のスペースを確保し、機器類の置き方に融通が利きやすくなるようにしました。

 

 

 

下段の引き出しは、DVDケースができるだけ多く入るよう、かつ本体の高さ・奥行きが出すぎないようなサイズで設計。

 

引き出しは、取っ手なしをご希望され、プッシュ式で開閉ができるスライドレールを使用。

 

凹凸のないすっきりとした木目が印象的な表情となりました。

 

 

   

 

天板の奥にはコード類を逃がす配線孔を加え、お客様にテレビの置く位置を検討いただきながら

 

穴の位置を決めて製作していきました。 

 


 

 

 

 

納品を終え、配線をつなぐ前の写真をとらせていただきましたたが、

 

以前使われていたテレビボードに比べ、すっきりとまた広々と使えるテレビボードとなりそうです。

 

 

床に座って寛ぐ場所。その中心に位置するテレビ周辺がすっきりと整えられ、

 

また木の落ち着いた雰囲気が加わることで、より心地よく過ごせる居場所になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

[  テレビボード ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 155×42×40 (cm) 

 ・ 172,000 円 (参考価格)

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================


 

 

 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11646431c.html
家具 トラックバック( 0)

食器棚 --majakka --

 

食器棚を、神戸市西区のお客様へ納品いたしました。

 

 

長く住まれている室内の壁や床をリフォームし、一新するのに合わせて、

 

造付けの棚の上部に空いていた壁面空間に収まる食器棚を作りたいというご依頼。

 

 

 

 

お客様が集められたカップ、ソーサーなどを見えるように収める棚と、

 

カトラリーなどをしまう、引出しをつけたいというご要望。

 

 

柱の凸に合せた奥行き、食器に手の届く高さ、空間に納まる幅、

 

収める食器類の高さを考慮した棚板の間隔など、サイズを決めていきまいた。

 

 

 

 

 

また食器棚の上部の手の届きにくい空間は、ガラス戸を使った見せる収納とは反対に、

 

頻繁に出し入れしない隠す収納のためのスペースとして、壁のそのままを利用し棚・扉を取付。

 


そして、既存の造付けの棚を活かしながら、食器棚との雰囲気を合せたい、

 

というご希望で、収納本体はそのままに、食器棚と同様の木の扉に交換いたしました。

 


 

 

納品時に、既存の棚の表面に見える細かな部分も細工を加え、木の表情が整いました。

 

これまでの白の壁面に変わり、木の風合いがプラスされることで、温かみが増した室内。

 

ピッタリなサイズ、木の美しさが引き立つ食器棚ができたと、お客様にご満足いただきました。

 


 

 

お客様が旅先などで買われ、増えていったカップ類。

 

リビングに、飾れる食器棚ができたことで、いつも見えるようになりました。

 

こうして、目にふれ、取り出しや易くなったカップは、日常で使われる機会が増えることでしょう。


 

想い出ものなど、大切なものが身近に寄り添う暮らし。

 

家具をあつらえることで、そんな暮らし方にもつながると嬉しいですね。

 

 

 

 

[  食器棚 ]

 

 

 ・ タモ 

 ・ ナチュラル色オイル仕上げ

 ・ 365,000 円 (参考価格)

 

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================

 

 

 

 

 

 

 



飾る カップ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11636533c.html
家具 トラックバック( 0)

テレビボード --majakka--

 

テレビボードを、神戸市須磨区のお客様へ納品いたしました。

 

 


ソファーに座って寛ぐスペースに、テレビボードを据えて、

 

すっきりとまとまりのある場所にしたい、というお客様。

 

これまでは、テレビやスピーカーなどの機器類をそれぞれ別々の棚などに置かれており、

 

空間を活かしきれずちぐはぐな状態のコーナー。

 

また、箱に入れられた細々した機器類なども多く、これらをまとめて収納する場所として

 

ひとつにまとめて使えるテレビボードをご要望されました。

 

 

 

 

そこで、ドア横となる壁間に納まり、スピーカーをゆったりのせられる長さに、

 

ソファーでテレビを見やすい高さ、収納物に合わせた最小限の奥行きといったサイズで設計。

 

 

  

 

中央の棚は、持っている音楽・ゲーム機器類を収める場所として、

 

扉は、リモコンを使えるようガラスを使用した、収納できる上開き戸。

 

 

 

 

左右の下段には、大きなものも入る引出し収納、上段にはリモコンなど小物がしまいやすい浅い引出し。

 

木目の表情に、可愛げなアクセントとなる小さな取っ手を取付ました。

 


 

 

 

納品後、早速テレビなどを設置し収納されると、

 

木の風合が心地よく、すっきりとした空間が出来上りました。


 

使う機器類を使いやすくすることに加え、小物などの収納を合わせたテレビボード。

 

テレビボードを、リビングなどのその場で使う物をひとまとめにした収納箱にする。

 

そうすることで、片付けた物の場所を分りやすくし、まとまりあるスペースが作れるのではないでしょうか。


 

 

持っているもの、使うものに合わせて作る木のテレビボード。

 

何をどのように収めたいか、などご要望をお聞かせ下さい。

 

 


 

[  テレビボード ]

 

 ・ タモ 

 ・ クリアオイル仕上げ

 ・ 180×40×45 (cm) 

 ・ 207,000 円 (参考価格)

 

 

 

=====================================================

majakka「家具+額縁」


⇒ http://kagu-majakka.com

=====================================================



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000054794/p11625119c.html
家具 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
majakka 「家具+額縁」               イメージ
majakka 「家具+額縁」               
プロフィール公開中 プロフィール
神戸・須磨の、家具と額縁を製作する工房とshopの、majakka(マヤッカ)。
家具に特化したブログとして、オーダー家具をご紹介。
「生活の中で必要とされる家具を
シンプルに、丈夫に、使い勝手よく。
また、木という、素材・資源を活かし
お客様とともに考え、製作しています」

神戸市須磨区東町4-3-5-1F
TEL・FAX 078-737-0172
営業時間 11:00〜18:00
定休日 火・水曜日
http://kagu-majakka.com