パイレーツ・ジョンのひとりごと in丹波

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/cafefactory

雪に思う

サラサラふわふわと降る雪は

心もとなくて可憐

風が吹けば飛ばされ

やっと大地にたどり着いてもさっと消えてなくなる

溶けては消え

溶けては消えを繰り返し

やがて大地を真っ白に覆い尽くしてしまい

その柔らかな身体で大地にあるもの全てをまぁ〜るく包み込んでしまう

冷たい雪だけど

雪洞の中は意外に温かいらしい

山で遭難したときには雪洞を掘ってリバークすると聞いた

雪の下では案外、春の草たちが暖をとっているのかも

冷たいようで温かい

人間的ですねぇ


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000091694/p11540382c.html
丹波通信 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
青と白のコントラスト
ふわふわの雪
何十年ぶりかの大雪
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
パイレーツ★ジョンイメージ
パイレーツ★ジョン
プロフィール公開中 プロフィール
丹波の里からパイレーツ・ジョンが心地よい風をお送りします。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 17 4245
コメント 0 32
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク