蝶の目が数回点滅します

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/oughtaknow

才讓我們感受到這真實的歲月

駐守在時光的彼岸,擇一處清幽,將思緒淡淡描摹鋪展,撚一指薄念,在光陰裏修行,歲月可寂靜歡喜,也可波瀾不驚。

我們的歲月,會有桃紅柳新的景致,也會有落花流水的惆悵,有豔陽高照的開闊,也會有寒涼陰霾的困擾。

有通幽的小徑,也會有敞開的軒窗,正是因為觸碰到四季的冷暖,才讓我們感受到這真實的歲月。

我們的歲月裏,有風的輕柔,花的芬芳,雲的飄逸,陽光的溫暖,繁雜瑣碎的背後透著簡單,飽滿豐盈處不忘留白,細微處,帶著禪意的美。

我們的歲月,一半是桃紅柳新,一半是素雅恬淡,一半是靜水深流,一半是素心安暖。

繁華落盡是平淡,喧囂之後是安暖,時光深處,是花開四溢的流年。

最美好的歲月,在每次出發的路上,在每天的第一縷陽光裏,在一朵花的微笑裏,在一片漉t的希望裏。

生命的意義就在於做好自己,自己想要的生活還需要自己去努力,歲月這幅畫,還需要自己去塗抹最美的色彩。

歲月裏,總有人在路上為你伸出溫暖的手,總有善意的慈悲妥貼你的靈魂,總會有風景為你駐足,總會有港灣讓你停靠,這樣的歲月,怎能不惹人愛。

走在歲月裏,活在珍惜裏,從陽春白雪,到秋水長天,從淺夏如煙,到憑欄看落雪。

輾轉的風景,途徑歲月,那些寫意在光陰深處純白的詩行,如一片花海,紛紛揚揚的,落在我心裏,芬芳著我的生命。

心若向陽,必生溫暖,我愛著歲月裏的桃紅柳新,妥貼著每一寸陽光和溫暖。

前行的路上,陽光或許偶爾會缺席,但不會永遠是K暗,淺淺笑,深深愛,總有些溫暖的情意,如花般綻放在光陰裏。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000171072/p11753608c.html
イベントの記録 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
穩中向好 前5月全省規上工業企業利潤搨キ17.1%
成為特殊教育教學改革的頂層設計
美白的皮膚才會讓大家顯得更加的自信年輕
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
oughtaknow
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 2 1085
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[代官山] WANSHIWU
[秋葉原エリア] グッド・タイムズ
[自由が丘] 泣きたいませんが涙
[西宮] 阪急沿線文学散歩

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード