ナガコガネグモのCollinsBLOG

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/aryquwdryerya8ata1ds

大田紳一郎でツグミ

内覧客が物件に良い印象を持つにはきれいで明るくて広いという感じに見えるようにしましょう。

内覧が昼でも室内にある明かりはつけて、きちんと清掃を行い、狭いという印象を与えないようにして、清掃業者並みのクォリティを目指してください。
細かいことをいうなら、水回りに水滴を残さないことです。日常的にやるのは面倒ですが、内覧前には拭き取るようにしてください。



それから、消臭にも力を入れるようにするといいかもしれません。

http://www.kbbbuyersguide.com/


向こうは欠点をみつけようとしてくるというくらいの気持ちで売ろうとする物件の手入れをしましょう。


不動産売却の際の名義変更においては、不動産物件の売手は、登記済権利証と取得してから3か月以内の印鑑証明書を必要です。原則として名義変更は決済と同日に法務局で行わなくてはいけません。この時は、先ほどの書類の取得費の他にも、登記事項証明書代、登録免許税がかかるでしょう。
税額としては、固定資産税の1000分の4になるのが、登録免許税です。

サラリーマンはあまり経験がないかもしれません、確定申告は不動産物件を売却した場合には、必要不可欠です。

多少なりとも儲けが不動産売却で生まれたのなら、面倒でも確定申告をした上で、税金の一種である譲渡所得税を納める義務が生じます。

では、損失が出たらやらなくていいのかというとそうではなく、少し手間でも確定申告しておくことで、支払う税金額が減る事例もあるのです。
脱税のリスクを回避し、節税のメリットを得るためにも不動産を売却したのなら、わからないことがあれば税務職員さんが教えてくれますし、確定申告しておいてください。
内覧というのは、不動産売却では、売買契約の有無を左右するカギといえます。

内覧を成功させるためには売り手側が自分が買う立場だったらと仮定してみて、見落としがないか物件のコンディションを見直すことになります。
普通、買手が探しているのは、きちんとケアされていて状態の良い物件でしょう。売りたい物件のセールスポイントを理解してもらうためにも、清掃業者レベルの掃除を行った上で、いらないものを捨てるなど、可能な限りのことをしておいてください。細かい手間や労力を数え上げるときりがありませんが、そのほかに売り手が不動産仲介業者に払う仲介手数料というのは、住宅売却に際して最も高いハードルかもしれません。

仲介手数料そのものはいくらまでと法律で決められていますが、該当物件の売値によっては100万円を軽くこえるケースもあります。

それから家の売買で収入があると、譲渡所得として課税されることになります。


転居はもちろん、場合によっては不要品の処分費などもかかりますから、相応の出費は避けられないでしょう。夫婦ともに収入がある場合は節税効果が大きいため、ここ十数年ほどは家の所有者名義が夫婦共有になっている例がしばしばありますが、家を共同名義にするデメリットもないわけではありません。

複数人で共同所有している家を売る際は、登記簿に記載されている所有者すべての承諾が必須です。


家を処分する理由が離婚だと、共同所有者である二人が今後の対応をよく話し合っておかなければ、住宅の処分もできず、揉め事になる危険性もあります。住宅を売却する場合、複数の不動産業者にあらかじめ現状査定を依頼するものですが、その評価を左右するのが建物の建築年数でしょう。
よほど希少性が高いとか人気地区ならいざ知らず、築年数が10年、20年ともなれば建物の値段はガクッと落ちていくものです。建物の材質や耐久性にもよりますが、一戸建てなら、固定資産税でも建物に償却年が設定されているように、建物が古いほど資産価値はなくなり、売出価格のほとんどが土地代ということにもなりえます。自分で売ればいいじゃないと言う人もいますが、危険を承知でなければお薦めしません。租税、約款、法律、登記などの専門家と同等のリテラシーが求められますし、素人レベルで手を出しても、賠償問題などになったとき対応できません。


手数料の負担は痛手かもしれませんが、安全に安心に売買するにはそれぞれの専門業者に任せると良いでしょう。もちろん、知識があるから大丈夫というのであれば、業者等に依存せず自力で売るという選択肢もあります。


不動産会社を通さず、個人同士で家を売買するのはできないことはないのでしょうが、専門的な裏付けもなく売買すると法的、金銭的なトラブルが生じたときも自分で対応するしかありません。
土地建物などの売買ではあらかじめ物件を調査した上、物件に合った詳細内容を付加した契約書を交わす必要があり、わずかな不備があっただけでも法的なトラブルに発展することもあります。

知識のある専門業者に委ねるのが最良の方法でしょう。



家を売るなら、あとあと悔いが残らないよう、不動産各社が加盟している一括見積りサイトなどを活用し、不動産の相場を知りましょう。


一括査定とか一括見積りと呼ばれているサービスを使うと、最初の入力だけでいくつもの不動産会社に査定を依頼できるのです。

見積り依頼という面倒な作業を一本化し、手軽に、しかも確実に査定依頼できます。

一括見積りサービスを活用し、よく比較した上で、営業力の高い仲介業者を探すようにしましょう。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000229996/p11701038c.html
毎日 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
中村正人の八木橋
  1  |  2  
このブログトップページへ
ブログイメージ
ユウト@そすいらほ
プロフィール

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 1月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 25
コメント 0 1
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード