サエのつぶやきブログ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://kobe.areablog.jp/yamasin

ビギナー向けの外国為替証拠金取引

の雑誌では「マイナスになった状況ではナンピン買いを入れることによってポジションの平均をコストを小さくする」と述べられていたりしますが、現実にはそれには引っ掛けがあります。ナンピン買いの方法について分かりやすく説明しておこう。仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。$買いだから円安に進むほど利益を得られますが、反対に1ドルが95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。そのままの状況でポジションを保持し続けたら、マイナスをなくすためには5円分円安に進む必要があります。皆さん、損失はなるべく早く無くしたいと願います。それを解決するためはじめにエントリーしたのと同じだけのドルを、1ドル=95円でエントリーします。それによって、ポジションの平均のコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。半分の幅で円安が進行すれば、赤字を失くすことが出来ます。この流れがナンピン買いのロジックだ。こういうふうに、ナンピン買いのロジックを知ると「なるほど」と思ったりするが相場は簡単には問屋を卸しません。そもそも、95円が下限だとということなど分かるわけがありません。仮に、為替相場がかなりの円高基調であるならば95円では下げ止まらずにさらに一層ドル安が加速する危険性が高いです。1ドル97.50円でナンピン買いをした時に、95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピンをしたポジションも、マイナスが生じてしまいます。その状態では、最初にエントリーしたドルと全部で二重の損を被ることになります。このように、ナンピンは難しいのだ。ならば、外国為替市場が自らの筋書きとは反対にみるみる進む場合いかなる手法で危険性をコントロールすればいいのでしょうか。この場合選べる道は多くはありません。ひとつめは執着しないでポジションを閉じる事です。もうひとつの選択肢としては今、あなたが所有している買いポジションを減らす事で、外国為替市場が回復するのを動かないで待つ事です。少し主体性のない方法だと感じる方もいるkもしれません。だがしかし、自分が所有している買いポジションに差損が生じた時、一番妥当な術はこれ以上のものはあるはずがありません。
言うまでも無く、ロジックとしてはナンピンを入れるという術もあると思います。だがしかしナンピン買いは自分か損失を披っている場面で、買いポジションを減少させるどころかそれとは逆に買いポジションを積み重ねていく手段です。この手法では、危険を制御することなど、どこをどうやってもやりようがないと考えたほうがいいです。ナンピン買いをしていけばやがては勝てるかもしれません。でも、それより先に投資資金がショートしてしまうだろう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://kobe.areablog.jp/blog/1000271458/p11774952c.html
つぶやき | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
スリムボディ作用
身体を使ってエクササイズをすること
  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ブログイメージ

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 36
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード